酒肴日和 アテニヨル

札幌駅直結で昼呑みもできる便利居酒屋

酒肴日和 アテニヨル

札幌の玄関口ともいえるJR札幌駅
札幌に到着したとき、札幌から出発する(帰る)ときなど、その利用機会はいろいろあるでしょう。そんなときに、“ひと休み” や “時間調整” などに使える店を一軒でも知っていればとても便利です。

ここでご紹介する「酒肴日和 アテニヨル」はまさにそんな店。JR札幌駅の西側に直結するPASEO(パセオ) WESTの出口付近にあります。

いつも混雑の人気店

いつも混雑の人気店

店内はカウンターメインでテーブルが数卓。人気店ゆえにいつも混んでいますが、外の道路側から店内の様子が窺えるので、空席を確認して入店することもできます。

店の自慢は日本酒の品揃え。常時全国から取り寄せた30種類ほどの銘酒が用意されています。
「日本酒のおしながき」には、“薫酒・爽酒・熟酒・醇酒” の4種類に分けた銘柄が記載されているので、好みのお酒を見つけやすいでしょう(90mlグラス400円〜、180mlで800円〜、入荷により変わります。値段は以下全て税抜)。

グラスで味わえる日本酒

グラスで味わえる日本酒

「利き酒セット」は3種類が選べて980円、燗酒でも楽しめます。
昼呑みなら「昼呑みセット」(980円、11:00〜14:00)がおすすめ。「アテの5種盛り」にドリンクが2杯ついたセットです。アテとは「おつまみ・酒肴」のことで、店名の由来にもなっています。

十分な量の「アテ」

十分な量の「アテ」

アテは塩辛をはじめとした珍味や旬の野菜を使った惣菜に、肉系の一品が並ぶこともあるバリエーション豊富なもの。
14:00からは「ほろ酔いセット」(1,480円、18:00まで)があって、ドリンクの2杯目が利き酒セットに変わります。
さらに18時まで通しで注文が可能な「酔いどれセット」(1,780円)は昼呑みセットに利き酒セットが加わる豪華版です。

名物料理なら「黒おでん」(180円〜)。つゆの色が染み込むまでじっくり煮込まれたおでんは旨みがたっぷり、特に大迫力の「大根」(220円)は一見(一食)の価値ありです。

名物「黒おでん」の大根

名物「黒おでん」の大根

昼には「ランチ」メニューもあって、「鯛茶漬け定食」(834円)やこの店自慢の酒肴を組み合わせた「アテの盛り合わせ5種定食」(1,060円)などいろいろ用意されています。

「酒肴日和 アテニヨル」はJR札幌駅の西改札口まで僅か1分という場所なので、空き時間にサッとランチを取ったり、電車待ち時間に軽く一杯を楽しんだりと便利な使い方ができる店です。

なお、昼・夜ともに予約はできませんのでご注意ください。

酒肴日和 アテニヨル
札幌駅直結で昼呑みもできる便利居酒屋

店データ

店名
酒肴日和 アテニヨル Webサイト
住所
札幌市北区北6条西4丁目 札幌パセオウエスト1F
電話番号
011-213-5877
営業時間
11:00〜23:45(L.O.料理23:00ドリンク23:15)
定休日
無休
アクセス
JR札幌駅直結
予算
1〜2,000円

おすすめメニュー

  • 利き酒セット:980円(税抜)
  • 昼呑みセット:980円
  • ほろ酔いセット:1,480円
  • 黒おでん:180円〜
  • ランチ:834円〜
  • 日本酒各種:400円(グラス90ml)〜

詳しくはこちら