喫茶・軽食 未貴

最強の呼び声高い「晩酌セット」

喫茶・軽食 未貴

今回は昼も夜も楽しめる穴場の喫茶店をご紹介します。
店の名は「軽食・喫茶 未貴(みき)」。大通の隣駅、地下鉄バスセンター前地下直結の喫茶店で、扉を開けると「カラン・コロン…」と“昭和”を感じさせる音が鳴り、店内もボックス席中心の普通の喫茶店。
しかしここは“知る人ぞ知る”店なのです。

駅直結ビルの地下にあります

駅直結ビルの地下にあります

それは18時から始まる「晩酌セット」が、いわゆる“ちょい飲み”系のセットとしては札幌最強との呼び声高いから。
ビルの入口には「晩酌セット」の案内板。ついつい呼び込まれてしまう魅力的な写真です( “注!! ボリュームあります”のコメントも)。

ビル入口の案内板

ビル入口の案内板

その内容はまず「ドリンク」が2杯
生ビールはもちろん、焼酎や全国各地の厳選地酒も選べます(※)。

生ビールは「サッポロクラシック」

生ビールは「サッポロクラシック」

そして飲み物を注文するとすぐに「小鉢」2つが目の前に。
これは日替わりで煮物や惣菜系が中心で、人気の「おでん」や「ポテトサラダ」なども登場します。
家庭的な味付けに思わずホッと一息。

まず「小鉢」が2つ

まず「小鉢」が2つ

さらにおつまみ盛り合わせのプレートが出てきます。
野菜の上にローストビーフにチキン、ポークの3点セットにサラミにチーズ、玉子焼きまで盛り合わせてあります(内容は日によって少し変わるようです)。

最初のプレートは「冷菜系」

最初のプレートは「冷菜系」

小鉢2品の後なので「おお、これは十分…」と思わせる量があります。
玉子焼きも含めて“冷菜”系のおつまみで、すぐに提供するための工夫のようです。

これでお酒を飲んでいるとさらにプレートが。

2皿めは「揚げ物系」

2皿めは「揚げ物系」

今度は“揚げ物系”でフライドポテト、鶏唐揚げ、魚フライ、揚げ餃子に揚げ焼売。どれもが揚げたての熱々で提供されます。
なるほど、2皿目はしっかり出来立てを提供してくれると納得。

このセット、これでお値段、1,500円!(以下全て税込)なのです。

2ドリンク+小鉢+おつまみセットでも十分なコスパを感じさせるので、2皿目のおつまみは“ただ(無料)”のようなもの。「札幌最強のちょい飲みセット」とされる所以でしょう。

ランチも高コスパでおすすめ!

ランチも高コスパでおすすめ!

この店、ランチもおすすめで、飽きずに毎日でも食べられる「日替り」(650円)やおかずたっぷりの「未貴弁当」(750円)は定番の人気メニュー(その日のランチ情報はTwitterで確認できます)。
隠れたおかずにびっくりの「ハムエッグランチ」(600円)に、喫茶店の代表的メニューである「オムライス」(650円)や「ナポリタン(スパゲティナポリ)」は昔ながらの赤いケチャプが食欲をそそります。

ランチタイムの店内では「チュー」という言葉が飛び交っています。これは「中盛り」の略で、この店では+50円で1.5倍になるのです。これまたコスパ最高とされる理由でしょう(なお+100円の「大盛り」だと2倍!になるので、気軽な気持ちでの注文はおすすめしません)。

昼は「ランチメニュー」、夜は「晩酌セット」ともにサービス抜群。「喫茶・軽食 未貴」こそは、札幌の穴場店としてぜひおすすめしたい一軒です。

なみなみ注いでくれる「地酒」

なみなみ注いでくれる「地酒」

(※)ドリンクは500円以内から。ほとんどはその範囲に収まりますが、地酒などは580円のものが多く、その場合80円の追加料金になります(写真は「久保田 千寿」で+80円)。

喫茶・軽食 未貴
最強の呼び声高い「晩酌セット」

その他の写真

店データ

店名
喫茶・軽食 未貴 ホームページ
住所
札幌市中央区大通東2丁目 第36桂和ビル B1F
電話番号
011-221-6296
営業時間
8:00〜22:00、土曜日11:00〜14:00
定休日
日曜日・祝日
アクセス
地下鉄東西線バスセンター駅(5番出口)直結
予算
1〜2,000円

おすすめメニュー