ちゃんぽん 一鶴 本店

札幌では珍しいちゃんぽんの名店

ちゃんぽん 一鶴 本店

※ちゃんぽん 一鶴 本店ではテイクアウト対応も行っております(19:30L.O.)。

札幌がラーメンの街として有名なことは言うまでもありませんが、その中に「ちゃんぽん」の名店があることは意外に知られていません。

その店とは「ちゃんぽん 一鶴(いっかく)」
本店は地下鉄の円山公園から徒歩約12分と、少し中心部からは離れた場所にあります。

暖簾には「鶴」のイラストが

暖簾には「鶴」のイラストが

札幌でちゃんぽん?」とは、ほとんどの方の反応です。
札幌といえば「味噌ラーメン」というイメージが強いので、それも当然かもしれません。しかしながらこの店のちゃんぽんを食べてみれば、きっとその味に納得するでしょう。

看板メニューの「ちゃんぽん」(950円税込・食券)は、豚肉・エビ・イカ・ベビーホタテに、野菜はニンジン・もやし・木耳・キャベツなどの具材ががたっぷり。小さく切った蒲鉾も入っています。
魚介も野菜も “北海道ならでは” という新鮮なものが使われていることが一口食べてみればわかります。

ゆでたまご追加の「ちゃんぽん」

ゆでたまご追加の「ちゃんぽん」

スープは豚骨に野菜や魚介の旨味が溶け込んで、ニンニクがとてもよいアクセントになっています。
麺は中太でもっちりタイプ。濃厚なスープとよく絡み、たくさんの具材と一緒に食べても負けない主張のある麺です。

トッピングのおすすめは「ゆで卵」。この店では「日本一こだわり卵」を使っています。
全国の高級ホテル・料亭・有名飲食店(親子丼の名店)などで使われているブランド卵です。卵を二つに割って黄身をスープに溶いてみれば、その味に深いコクを感じるでしょう。

その他のメニューでは、ちょっと珍しい「大平燕(タイピーエン)」もあります。
元々は中国福建省の郷土料理で、日本では熊本県のご当地グルメとして最近ではテレビで紹介されることも多くなりました(長崎のちゃんぽん店でも見かけます)。麺が春雨なので、ヘルシー志向の料理としても注目されています。

なお、大通やすすきので飲んだ後には深夜営業の「すすきの店」が便利です。開店は22:00、翌朝の5:00まで営業しています。

ちゃんぽん 一鶴 本店
札幌では珍しいちゃんぽんの名店

店データ

店名
ちゃんぽん 一鶴 本店
住所
札幌市中央区南8条西23丁目1-21
電話番号
011-513-6053
営業時間
11:00〜20:00
定休日
木曜日
アクセス
地下鉄東西線円山公園駅 徒歩12分
予算
〜1,000円

おすすめメニュー

  • ちゃんぽん:950円(税込)
  • ゆで卵:100円
  • 太平燕:990円
  • ソース焼きそば:850円
  • 塩焼きそば:850円