ノースコンチネント まちのなか店

道産肉のハンバーグを札幌の街中で

ノースコンチネント まちのなか店

「札幌でハンバーグ?」と思う方も多いかもしれません。
確かに札幌といえば、まず北海道の“新鮮な魚介類”、そして“3大グルメ”とされる「ラーメン・スープカレー・ジンギスカン」などを連想するでしょう。

しかし北海道は、牛の枝肉生産量は断トツの日本一、豚肉を合わせても第2位という“肉大国”でもあるのです。そんな北海道の中心地である札幌に良い肉が集まり、そこに“おいしいハンバーグの店”があることはむしろ必然ともいえます。

隠れ家的な看板

隠れ家的な看板

今回ご紹介する店は、「ノースコンチネント まちのなか店(North Continent machi no naka)」
札幌・円山宮の森で長年北海道のハンバーグ文化を築き上げてきた名店「ノースコンチネント」が、札幌の中心部(街の中)に進出した2号店になります。

札幌の繁華街「狸小路」からすぐというアクセスの良い場所に店を構え、“街中で” 気軽に道産ハンバーグを味わってもらうことがコンセプトです。
街中ながら、ビルの地下で大袈裟な看板も出していないので、初めての時には少し迷ってしまうような“隠れ家感”が魅力でもあります。

店は地下にあります

店は地下にあります

店内は地下ながら、昼は高い天井からの木漏れ日を演出した照明がなされ、夜はランタンの灯がテーブルを照らすというお洒落な造りになっています。

メニューは独特で、基本のハンバーグが「十勝ハーブ牛・十勝ブラウンスイス・えぞ鹿・かみふらのポーク・道産BOYA FARMの羊」の5種類。ここからまず肉を選びます。
そして8種類ほど用意されるオリジナルソースを選び、その組み合わせで値段が決まるシステムです(1,500円〜2,000円前後)。

ハンバーグとソースの組み合わせ(写真は黒ごまとバルサミコ酢のソース)

ハンバーグとソースの組み合わせ(写真は黒ごまとバルサミコ酢のソース)

ソースは「色々チーズの『濃厚』ハンバーグ」「古典のステーキソースと自家製の生七味」「八丁味噌とプルーンのデミグラス」などと、季節ごとのソースなどが用意されています。

ハンバーグはもう一種類(羊以外)を追加して「ダブル」にも(+600円税込)。160g×2の=320gになるので食べ応えも十分です(ソースの2種組み合わせも可)。
ハンバーグと一緒に「焼き石」も提供され、この上でさらに熱々に焼いて味わうことができます。

焼き石で再び熱々に

焼き石で再び熱々に

「道産モッツアレラチーズ」や「小さなエゾ鹿メンチカツ」(280円)「3週間熟成自家製ベーコンソテー」(280円)などのトッピングなども用意されており、これらは「盛合せ(3点・5点)」でおつまみにすることもできます。

「ランチ」も名物といえるほどの人気で、「本日のランチセット」はハンバーグ・サラダ・ごはん・ドリンクがセットで1,100円(税込)というサービス価格です。
ハンバーグは道産牛4・道産豚6の合挽き肉で、ソースは日替わりになっています(ランチもハンバーグの「ダブル」は可能で、ごはんの大盛りは無料です)。

ランチのセット

ランチのセット

メニューが独特で、少し迷ってしまうかもしれませんが、店員さんが過去の来店の有無を尋ねてくれ、初めての場合は丁寧に説明をしてくれるので安心です。

「ノースコンチネント」では肉だけでなく、サイドメニューや「お茶(余市フルーツのお茶他)」などにも徹底して北海道産にこだわっています。
札幌で“北海道の肉”を使ったハンバーグや“地産地消グルメ”を味わうなら、この店はきっと外せない一軒となることでしょう。

ノースコンチネント まちのなか店
道産肉のハンバーグを札幌の街中で

その他の写真

店データ

店名
Hamburg Steak North Continent machi no naka(ノースコンチネント まちのなか店) Webサイト
住所
札幌市中央区南2条西1丁目6 マリアールビル B1F
電話番号
011-218-8809
営業時間
11:00〜15:00(L.O.14:30)、17:30〜22:00(L.O.21:30)土日祝日は通し営業 定休日:無休
定休日
無休
アクセス
地下鉄大通駅35番出口 徒歩2分
予算
2〜3,000円

おすすめメニュー

  • 本日のランチセット:1,100円(税込)
  • (基本の)ハンバーグ:十勝ハーブ牛など5種類
  • オリジナルソース(8種類ほど):ハンバーグとの組み合わせで1,500円〜2,000円前後
  • ハンバーグダブル(1種類追加):+600円
  • トッピング:道産モッツアレラチーズ(280円)など