布袋 中央市場店

あの「ザンギ」が中央市場でも!

布袋 中央市場店

札幌で北海道グルメの「ザンギ」を食べるなら、誰もがその名をあげる「中国料理 布袋(ほてい)」
その市内5軒目のグループ店が「中央市場店」です。

「さっぽろ朝市」

「さっぽろ朝市」

札幌の台所ともいうべき「札幌市中央卸売市場」に隣接する「さっぽろ朝市」丸果ビルの2階に店を構えました。

この幟が目印!

この幟が目印!

場所は初めてでは少し分かりにくいですが、“さっぽろ朝市の裏に回って「布袋」の幟(のぼり)を見つける!”これがポイントです。

突き当たりを右に曲がれば店です!

突き当たりを右に曲がれば店です!

幟のある入口から階段を登ったら、廊下の突き当たりを曲がってようやく到着します。途中、店のある様子がないので心配になりますが大丈夫!

むしろ、ちょっとした “穴場感” も味わえるでしょう。

“穴場”っぽい雰囲気です

“穴場”っぽい雰囲気

入店したら、さあ注文です。

布袋で「ザンギ」と並ぶ名物は「麻婆豆腐(麺・飯)」ですが、市場にあるこの店では「海鮮麻婆豆腐飯」(税込880円)がおすすめ。

市場ならではの「海鮮麻婆豆腐飯」

市場ならではの「海鮮麻婆豆腐飯」

布袋のグループ店で海鮮と中華のコラボを売りにする「福禄寿」の名物メニューでもある、海鮮食材を使った麻婆豆腐がここでも食べられます。

「魚介」の良いダシが出ています

「魚介」の良いダシが出ています

「布袋」の定番麻婆豆腐にタコ・イカ・アサリ・ホタテなどを加えており、口に含めばその海鮮のダシがフワッと広がります。

麻婆のやや甘口の味付けもあって、ご飯がどんどん進みます!
添えられる「卵スープ」もエビの出汁が効いた、海鮮麻婆によく合う味です。

これも市場らしい「スープ」

これも市場らしい「スープ」

なお、「海鮮麻婆豆腐飯」は現在(2021年2月)数量限定の “おすすめスペシャル” として880円→ 650円のサービス価格になっています。

「ザンギ」も追加しました!

「ザンギ」も追加しました!

もちろん名物「ザンギ」も注文します。

ビッグサイズの名物「ザンギ」

ビッグサイズの名物「ザンギ」

単品では1個110円ですが、「海鮮麻婆豆腐飯」とのセットの場合は1個100円になっています。

外はカリッ!中はジューシー!

外はカリッ!中はジューシー!

「ザンギ」も相変わらずの大きさで大人の拳くらいあるでしょう。食べ応え十分です。

最初はカリカリの食感を味わい、後半は特製の「タレ」に浸して食べてみると “味変” を楽しむことができますよ!

特製ダレで“味変”

特製ダレで“味変”

そのほかのメニューも「布袋」らしく各種の中華定食(エビチリ・餃子など)、ザンギカレーなどもあります。

入口のボードも要チェック!

入口のボードも要チェック!

さらに店の入口のボードには “料理長オススメ!市場店だけ!” として「牡蠣入り中華粥セット」(800円)や “これぞ市場めし!” といえる「真たちの麻婆飯」(1,300円)などが書かれているので入店前には必ずチェックしましょう。

窓際の席からは「中央市場」が見えます

窓際の席からは「中央市場」が見えます

ここ「中央市場店」は「布袋」グループでは唯一 “朝から” 営業しています。
店の場所や造りからは市場で働く人たちの食堂のようですが、何といっても “札幌の観光&グルメスポット” でもある中央市場で「布袋」の料理が食べられる!

それだけでも “価値あり” のお店ということができるでしょう。

1
2
3
4
5
口コミを投稿する

レビューを投稿する

平均評価:  
 0 レビュー
布袋 中央市場店
あの「ザンギ」が中央市場でも!

その他の写真

店データ

店名
中国料理 布袋 中央市場店 Webサイト
住所
札幌市中央区北12条西20丁目1-20 丸果ビル2F
電話番号
011-215-5350
営業時間
8:00〜14:00(L.O.)
定休日
日曜日・水曜日
アクセス
地下鉄東西線二十四軒駅 徒歩10分
予算
〜1,000円

おすすめメニュー

  • ザンギ定食(税込):(A)930円(B)900円(税込)
  • ザンギ:3個330円、5個550円
  • 麻婆飯:850円
  • 海鮮麻婆飯880円(現在特別価格650円)
  • あんかけ焼きそば:900円
  • 週替わり定食:900円

詳しくはこちら

口コミ

1
2
3
4
5
口コミを投稿する

レビューを投稿する

平均評価:  
 0 レビュー