カリーハウス コロンボ

札幌を代表するルーカレーの老舗人気店

カリーハウス コロンボ

※自粛要請に伴い当面の間、平日は19時以降テイクアウトのみ、土日の営業は16:00までとしております。

札幌でカレーといえば「スープカレー」。札幌グルメのひとつとして人気の料理ですが、そんなスープカレーの街札幌で長年に渡り毎日行列ができる「ルーカレー」の店があります。

その名は「カリーハウス コロンボ」
札幌地下歩行空間直結のビル地下一階にあり、昭和48年(1973年)創業というスープカレーが(一般メニューとしては)存在していなかった時代からの歴史を誇る店です。

地下歩行空間直結のビルにあります

地下歩行空間直結のビルにあります

カウンター10席だけの店内は、開店から行列ができるほどの人気。客層はサラリーマンから親子連れ、学生に女性客とその幅の広さに地元に愛される店であることがわかります。
この行列は営業時間中続くこともありますが、比較的回転も早いので待ち時間はそれほど長くありません。

いつも行列です

いつも行列です

この店のカレーは、玉ねぎをじっくり煮込んだ甘さと旨味にスパイスが効いた中辛の仕上がり(味は一種類)。ルーカレーとしては水気のあるタイプで、少し固めに炊かれたご飯との相性がよく食べやすいものです。

写真は「ビーフカレー」

写真は「ビーフカレー」

注文を受けてから揚げる「カツカレー」(870円、以下全て税込)は、サクサクの衣にサラッとしたカレールーがカツのソース代りになるという絶好の組み合わせで、この店の一番人気になっています。

辛口が苦手な方には、北海道新冠町「新生ユートピア牧場」の平飼い自然卵を使った「たまごカレー」(620円)がおすすめ。玉子がカレールーの味をまろやかにしてくれます。

人気の「スタミナカツカレー」

人気の「スタミナカツカレー」

その両方を楽しめる「スタミナカツカレー」(970円)はカツも大きく、玉子もトッピングされるボリュームたっぷりのカレーです。
ここに野菜を加えたいなら「カツミックス」(1,050円・玉子&野菜入り)がお得。栄養のバランスも取れた豪華な食事になるでしょう。

もちろん北海道では定番の「ポークカレー」(820円)や幅広い層に人気の「ビーフカレー」(820円)も用意されており、シンプルにルーの味を楽しみたい方が注文しています。

レギュラーメニューに加えて「日替わりカレー」(900円)もあり、中でも水曜日の「煮込みハンバーグカレー」はカツカレーに並ぶ人気メニュー。ビーフとポークの合挽きハンバーグを一度焼いてからスープで煮込む、こだわりの一品です。

ご飯は通常でも350gとボリュームたっぷりなので、「Aライス」(30円引き)という小ライスメニュー(250g)も用意されています。むしろこちらが普通盛りのようで、店内では多くのお客さんが「カツカレーのA」などと注文するのを耳にすることでしょう。

大盛りの「スーパー」と「ジャンボ」

大盛りの「スーパー」と「ジャンボ」

ガッツリ食べたい方には大盛りもあります。「ビッグ」(100円)は550g、「スーパー」(250円)は900g。そして驚くのは、ご飯のお代わり自由という「ジャンボ」(300円)まであることです。

この店では「ルー追加無料」という特別サービスがあるので、ジャンボを頼めば何と「プラス300円でカレーが食べ放題」ということになります。

サービスの「アイスクリーム」

サービスの「アイスクリーム」

カレーを食べ終わる頃には「アイスクリーム」を出してくれます。北海道らしいミルク感たっぷりの甘さがカレーの後にぴったり、そんな嬉しいサービスです。

このように、札幌を代表するカレー店「カリーハウス コロンボ」は、メニュー選びからデザートまでいろいろと楽しめます。ぜひ一度訪問して、その味を体験してみてください。

※表示価格は2019年10月1日消費増税後のものです。

カリーハウス コロンボ
札幌を代表するルーカレーの老舗人気店

店データ

店名
カリーハウス コロンボ ホームページ
住所
札幌市中央区北4条西4丁目1 札幌国際ビル B1F
電話番号
011-221-2028
営業時間
11:00〜20:30(土・日・祝日は〜19:00)
定休日
第4日曜日
アクセス
地下鉄南北線さっぽろ駅 徒歩2分
予算
〜1,000円

おすすめメニュー

  • カツカレー:870円(税込)
  • 日替わりカレー:900円
  • ポークカレー:820円
  • ビーフカレー:820円
  • たまごカレー:620円
  • カツミックス:1,020円

詳しくはこちら