円山 嬉

円山のこだわり“無添加”ラーメン

円山 嬉

2024年5月末時点の情報に更新しました。営業時間が11:00〜16:00に変更されています(当面の間)ので、ご注意ください。

ラーメンの街札幌では、際立つ特徴がなければ自然淘汰されてしまうほどラーメン店の激しい競争が行われるといってよいでしょう。そんな札幌の円山地区で「無添加・無化調」にこだわり、その味を認めさせて来たラーメン店が「円山 嬉(うれし)」です。

大きな提灯と暖簾が目印

大きな提灯と暖簾が目印

地下鉄東西線円山公園駅から遠からぬ中通りに暖簾と提灯を掲げて営業しています。
店内は逆Lの字のカウンターに8席ほど。入店したらまずは食券の購入です。

メニューは醤油・味噌・塩系カレーのバリエーション。
定番は「魚醤」(900円)。その他独特な「みそカレー」に札幌といえばの「味噌・辛みそ」。塩系では「しお梅」などが女性に人気(月ごとに順位が変わるほどどれもが人気ですが)のようです。

「麺」は3種類から選べます(写真は中太)

「麺」は3種類から選べます(写真は中太)

麺は「繊細なのど越しの細め・粗挽き固め粗挽き硬い感じの中麺・もっちり感の太め」から選べます。「細め」はみそ・カレー系以外に、逆に「太め」はみそ・カレー系がおすすめ。すべての味に合うのは「中太」とのことです。

カウンターの上は整然(初回訪問時のもの)

カウンターの上は整然(初回訪問時のもの)

「魚醤」
自販機の左上 “トップポジション”
のボタンには、その店の定番メニューが置かれることが多いのですが、この店では「魚醤」です。

定番の「魚醤」

定番の「魚醤」

丼をはみ出す大きなチャーシューが4枚。長い穂先メンマに大量の細切りキクラゲ
さらにネギ・おろし生姜・糸唐辛子という具がたっぷりの豪華仕様

実はこれ、バージョンアップされており、参考に当初(前回記事)の写真も掲載しておきます。

(参考)前記事時の「魚醤」

(参考)前記事時の「魚醤」

食べてみればたっぷり入ったキクラゲがコリコリで、プリプリの麺と一緒になってリズム感が生まれます。
チャーシューも流行りのトロトロ系ではなく、薄切りをしっかり炙った噛んで旨味を感じるもの。
店主のこだわりを感じます。

「中太」の縮れ麺

「中太」の縮れ麺

麺は先にご紹介したように「中太」がよく合います。

旨味たっぷりの「無化調」スープ

旨味たっぷりの「無化調」スープ

そしてスープは物足りなさが残りがちな「無化調」とは全く思えないほどの味わい。
魚醤ならではの深い旨味が印象的で、クセになってしまうほどです。

「みそカレーラーメン」(旧写真です。「魚醤」と同じスタイルにバージョンアップされています)

これも人気の「みそカレー」

これも人気の「みそカレー」

「みそカレー」(1,000円)も人気上位のメニューで、こちらには太麺がおすすめ
札幌といえば味噌ラーメンであり(スープ)カレーでもあるので、まさに札幌グルメを象徴するかのようなラーメンでもあります。

こちらは「太め」で

こちらは「太め」で

味噌もカレーも極端に味を強調することのないバランスのよさが印象的で、この店のラーメンに共通する特徴のようです。

「しお梅」(こちらも旧写真)

女性に人気の「しお梅」

女性に人気の「しお梅」

「中太、太め」と来たなら次は「細め」の麺です。
こちらは「塩」系がおすすめ。人気の「しお梅」(900円)はスープがほんのりとピンク色で、塩スープの旨味に梅の酸味がよくマッチしています。

これも無化調の良さを味わえる傑作メニューといえるでしょう。

塩系は「細め」がおすすめ

塩系は「細め」がおすすめ

ここ「円山 嬉」はその場所柄か、女性一人客の姿も目につきます。
円山公園や動物園、北海道神宮参りの際にでも “クセになるほどの無化調ラーメン” を味わってみてはいかがでしょうか。

なお、旧記事に記載していた「シュウマイ」は販売終了になっています。

その他の写真

店データ

店名
円山 嬉
住所
札幌市中央区大通西23丁目1-16
電話番号
非公開
営業時間
11:00〜16:00
定休日
不定休
アクセス
地下鉄東西線円山公園駅 徒歩3分
予算
〜1,000円

おすすめメニュー

  • 魚醤:900円(税込)
  • みそカレーラーメン:1,000円
  • 味噌:900円
  • しお梅:900円
  • 辛みそキムチ:1,000円
  • あっさり塩:900円