やきとりの一平 札幌中央店

室蘭のご当地焼き鳥を札幌で

やきとりの一平 札幌中央店

北海道のご当地焼き鳥としては「室蘭」と「美唄」が知られ、ともに「日本7大焼き鳥」(※)に選ばれています。

その室蘭を代表する名店「やきとりの一平」が札幌にも出店しています。「やきとりの一平札幌中央店」です。室蘭まで行かずとも、札幌でご当地の味を楽しむことができます(札幌には「南4条店」もあります)。

鉄のまち室蘭輪西地区

鉄のまち室蘭輪西地区

「やきとりの一平」は昭和25年(1950年)、「鉄のまち」として知られる室蘭市の輪西町で創業しました。
この「輪西」地区こそが、“室蘭やきとり発祥の地” とされています。
元々養豚が盛んであった室蘭で生まれた「豚」の串物が、地元の鉄鋼労働者に愛され「室蘭やきとり」として広まったのです。

その特徴は「豚肉・玉ねぎ」を「タレ・洋がらし」の組み合わせで食べること。
この豚串が無ければ室蘭やきとりは名乗れません
ただし、ほとんどの店で鳥や野菜などの串物も提供しているので、実際には普通の焼き鳥店と大きく変わるものではありません。

メニューでの表記は、豚は「豚精」あるいは「豚精肉」、鶏は「鳥精」や「鳥精肉」と区別されるのが一般的です。

札幌の豚精はその名も「室蘭やきとり」

札幌の豚精はその名も「室蘭やきとり」

「やきとりの一平 札幌中央店」では、札幌で本店同様の室蘭やきとりが楽しめます
ただし、本店での豚「精肉」を「室蘭やきとり」(2本360円、以下全て税込)と表記しています。
札幌でその認知度を上げるためのネーミングといえるでしょう。

その豚精肉は北海道産の肩生ロースを使っているため、脂身が少なく肉そのものの味をしっかり楽しめます。もちろん、北海道産玉ねぎの甘さと伝統のタレの旨みが肉を引き立てることは室蘭やきとりならではの特徴です。

名物「殻付うずらの玉子焼き」

名物「殻付うずらの玉子焼き」

豚精肉と並ぶ一平の名物が「殻付うずらの玉子焼」(340円)。
うずらの卵を殻のまま焼いた串物で、殻ごと食べられるという驚きのメニューです。
カリカリとした殻が食感のアクセントと微妙な塩味を演出して、不思議なおいしさが楽しめます。

室蘭には北海道で唯一うずら卵を生産している会社があり、「うずらのプリン」は室蘭名物になっているほど。そんな室蘭らしい串物といえるでしょう。

「やきとりの一平 札幌中央店」は、札幌で室蘭のご当地グルメが味わえるおすすめの焼き鳥店。もちろんカウンターでの一人飲みもOKです。

(※)「全国やきとり連絡協議会(全や連)」により、北海道の室蘭・美唄の他に福島(福島県)・東松山(埼玉県)・今治(愛媛県)・長門(山口県)・久留米(福岡県)という7カ所の焼き鳥が選定されています。

やきとりの一平 札幌中央店
室蘭のご当地焼き鳥を札幌で

店データ

店名
やきとりの一平 札幌中央店 ホームページ
住所
札幌市中央区南2条西4丁目10
電話番号
011-207-7555
営業時間
17:00〜23:30(日・祝日は22:30まで)
定休日
月曜日(祝日の場合は火曜日)
アクセス
地下鉄大通駅 徒歩約7分
予算
2〜3,000円

おすすめメニュー

  • 室蘭やきとり:360円(税込、一皿2本)
  • レバ:340円
  • 鳥精肉:340円
  • 殻付うずらの玉子焼:340円
  • 月見つくね:480円