四文屋(すすきの店)

東京新井薬師発祥焼きとんの人気店

四文屋(すすきの店)

札幌に焼き鳥店は数あれど、「焼きとん(やきとん)」の店は多くありません。北海道には「豚」を使った「室蘭やきとり」などの存在があるからかもしれません。
ここでは、今や “札幌で焼きとんといえばこの店” とまでされる「四文屋(しもんや)」をご紹介します。

札幌にも6店舗(写真は琴似店)

札幌にも6店舗(写真は琴似店)

実はこの「四文屋」、東京の焼きとん屋です。中野の新井薬師に本店を構え、東京都内で30近い店舗を展開する人気店として知られます。
芝浦の東京中央卸売市場食肉市場、いわゆる「芝浦屠場」から新鮮な食肉が広く流通する東京では旧来から(低価格な)豚の内臓系を焼き鳥と同じ串物として食べさせる店が多くあり、独自の「焼きとん」文化を作り上げてきました。

看板は「焼とん」

看板は「焼とん」

そんな東京の人気店である「四文屋」が札幌にも進出、本場の焼きとんを食べさせてくれます。
多店舗展開を得意とする四文屋らしく札幌市内にも現在6軒が営業(当記事公開時)、各店名には「薬師 四文屋」とあり、本店の看板を背負っていることがわかります。

四文屋の看板メニューはもちろん「焼きとん」(一本100円税抜、メニュー表記は「焼とん」)。
定番のシロやレバーに、カシラ・タン・ハツ・ガツ、テッポウ・小袋など十数種類が用意されています。

おすすめの「手羽ねぎ」

おすすめの「手羽ねぎ」

焼き鳥も(メニューでは「焼とり」)もも肉やつくねなどが一揃い。中でもおすすめは「手羽ねぎ」。柔らかい肉にネギのアクセントがマッチして、とても100円の串物とは思えないほど。

ワンランク上の「ホエイ豚」もあり、「ホエイ豚みそ焼」は他の串と同じ100円で食べられるのがお得に感じる一本です。

牛も人気「赤身の三点盛」

牛も人気「赤身の三点盛」

豚・鳥に加えて「牛」も人気。「牛赤身冷製三点盛」はミスジなどが入ることもありながら600円と格安に提供されています。“もっきり” で飲める「赤ワイングラス」(350円)で楽しみましょう。

その他、焼きとん屋ならではの「もつ煮込」「煮込豆腐」(各350円)に居酒屋定番の「ポテトサラダ」(250円)、口直しには「キュウリ・長芋の浅漬け」(各200円)などのおつまみもしっかりそろいます。

定番の「煮込豆腐」

定番の「煮込豆腐」

お酒は各種用意されますが、名物は「梅割焼酎」(350円)。東京下町の定番酒である「キンミヤ(金宮)」をコップになみなみ、そこに梅シロップを受け皿に溢れる分だけ追加してくれる、焼きとんの名店でよく提供されるスタイルです。ただし25度のストレート焼酎ゆえ、一人3杯限定のスペシャル酒になっています。

名物の「梅割焼酎」

名物の「梅割焼酎」

すすきのの2店舗は15時に開店し24時までの営業ですが、他の4店舗はランチ営業があります(閉店は22:30)。
ランチは四文屋自慢の肉類を使った「ホエイ豚丼」「牛ステーキ丼」などを500円(税抜)から食べられます。

札幌市内の6店舗は以下の通りです(琴似店以外は全て中央区、店データには代表として「すすきの店」を記載しています)。どの店も基本「四文屋メニュー」になっているので同じ味が楽しめます。都合の良い場所を選ぶとよいでしょう。

札幌駅前店(北4西1、011-233-1567)
北2条店(北2西3、011-218-7324)
狸小路店(南3西5、011-271-6811)
すすきの駅前店(地下鉄すすきの駅直結、011-512-0345)
すすきの店(南5西5、011-521-4567)詳細は下記参照
琴似店(西区琴似2-5、011-215-8780)

※「すすきの店」はグルメサイト などによっては「ススキノ店」の表記もありますが、ここでは店頭の看板通りの表記で統一しました。

四文屋(すすきの店)
東京新井薬師発祥焼きとんの人気店

その他の写真

店データ

店名
四文屋(すすきの店)
住所
札幌市中央区南5条西5丁目 ASIL SAPPORO 1F
電話番号
011-521-4567
営業時間
15:00〜24:00
定休日
無休
アクセス
地下鉄南北線すすきの駅 徒歩5分
予算
2〜3,000円

おすすめメニュー

  • 焼とん各種:100円(税抜)
  • 焼とり各種:100円〜
  • 牛赤身冷製三点盛:600円
  • ホルモンみそ焼(ホエイ豚):100円
  • もつ煮込み・煮込豆腐:350円
  • 梅割焼酎:350円