とんかつ さんか

ブランド豚に揚げ物でお酒も楽しめる

とんかつ さんか

札幌の「とんかつ専門店」はそれほど多くありません。
それゆえか、最近では東京から有名店が進出して来るケースも見受けられます。

そんな札幌で、評価の高いとんかつ店の一軒が「とんかつ さんか」です。
場所は札幌中心部からは(東に)少し離れていますが、最寄りの駅(地下鉄東西線南郷7丁目駅)からは徒歩2分と近いので、それほどアクセスは悪くありません。

この店の特徴は、こだわりのブランド豚を「小樽ワイン」で熟成していること。それによって “柔らかく食べやすく” なり、さらには “深いコク” が生まれるというわけです。

この自慢のとんかつを主軸とした「ランチメニュー」が圧巻のコスパで、ほとんどのメニューが1,000円以下でいただけます。
「熟成とんかつ」(ご飯・味噌汁セット920円、以下全て税込)をはじめ、「ひれかつ御膳」(950円)、「チキン(さんかA)」(920円)などいろいろ揃っています。

とんかつは「定食セット」になります

とんかつは「定食セット」になります

さらに、とんかつ以外の「揚げ物」メニューが揃っていて、お酒と一緒に楽しめること。
アラカルトで小振りな単品として注文ができるので、あれこれ組み合わせて自分のセットを作ることができます。

ディナータイムの食事になら、「三元豚」(150g 1,550円・200g 1,950円)や北海道樽前山の湧水で育った「樽前産 湧水豚」(1,600円/ロースは150g・ヒレは130g、それぞれご飯・味噌汁・キャベツ付き、おかわり2杯まで可 )が定番です。「樽前産 湧水豚」はロースとヒレのセットもあります。

“三日かけて作る” という「カレー」も名物で、札幌のブランド玉ねぎである「札幌黄」を使ったカレーととんかつ・チキンカツの組み合わせも人気のメニューになっています。

「札幌黄玉ねぎカレーポット」で自慢のカレーを

「札幌黄玉ねぎカレーポット」で自慢のカレーを

なお、「札幌黄玉ねぎカレーポット」としてルーを単品(400円)でも注文できるので、定食に追加して「ミニカツカレー」としても楽しめます。

どう見てもお得な「晩酌セット」

どう見てもお得な「晩酌セット」

お酒を楽しむなら「晩酌メニュー」がお得。
生ビールと日替わりのセットで1,500円になりますが、この日替わりメニューが揚げ物がたっぷり盛り合わせてあります。“おそらく単品でも1,500円近くなるのでは?” と思えるボリュームです。
(写真はロース串カツ・メンチカツ・エビフライ・アジフライ。ちなみに、同程度の量の「ミックスフライ」は1,550円になります)

アラカルトの「手作りカニクリームコロッケ」

アラカルトの「手作りカニクリームコロッケ」

その他のアラカルトも豊富にあるので、「手作りカニクリームコロッケ」(350円)や「ホタテフライ」(2個350円)などでビールや白ワインをゆっくり味わうのもよいでしょう。

カウンター席もあるので、これらのメニューで一人飲みも楽しめますよ。

とんかつ さんか
ブランド豚に揚げ物でお酒も楽しめる

店データ

店名
とんかつ さんか ホームページ
住所
札幌市白石区南郷通7丁目南6-7 サンピア7丁目館 1F
電話番号
011-866-8612
営業時間
11:30〜15:00(L.O.14:30)、17:00〜21:00(L.O.20:30)
定休日
月曜日
アクセス
地下鉄東西線南郷7丁目駅 徒歩2分
予算
1〜2,000円

おすすめメニュー

  • ランチ(熟成とんかつ):920円(税込)
  • ランチ(ひれかつ御膳):950円
  • ランチ(ひれかつカレー):1,030円
  • 三元豚(定食):150g 1,550円、200g 1,950円
  • 晩酌セット:1,500円
  • 札幌黄玉ねぎカレーポット:400円

詳しくはこちら