ティルブション

札幌の人気ソムリエが独立開店した注目店

ティルブション

札幌で人気の料理店を展開する「ガルス・グループ」。
現在は独立していますが、“ワインで焼き鳥” という新しい楽しみ方を提案した「しろ SHIRO」やすすきので人気のワインレストラン「BLANC(ブラン)」など、お洒落な店が揃っていることで知られます。

看板に「コルク抜き」

看板に「コルク抜き」

そんなガルス・グループで長年ソムリエを務めた森一茂氏が2年前(執筆時点・2017年)に独立、新たに開店したワインバーが「ティルブション(tire bouchon)」です。
その店名はフランス語で「コルク栓を引く」。そう、ワインオープナーのこと。
店の看板には、コルクスクリュータイプのワインオープナーの絵がデザインされています。

端正な雰囲気の店内

端正な雰囲気の店内

店内は森ソムリエが直前まで勤めていた「BLANC」を思わせるような、端正で清潔感のある造りです。

「グラスワイン」(1,000円前後〜、以下全て税抜)のメニューはとてもユニーク。
白葡萄酒と赤葡萄酒に分けて、白は「華やかフルーティー」「コクあり シャルドネ」「葡萄の味を感じるナチュール」の3種類。
赤も同じく「香り豊かでエレガント」「しっかりボディ」「旨みがあり、繊細で複雑なナチュール」と3種類の説明があります。

グラスワインもいろいろ

グラスワインもいろいろ

さすがは長年ソムリエを務めてきただけあって、ワインを選びやすい工夫がなされています。このような具体的なイメージが湧くような言葉での説明はとてもありがたい。
もちろん、充実のワインリストもあるので、グループ利用の場合などは森ソムリエに相談してボトルで注文することをおすすめします。

店のショルダーネームには「葡萄酒とフレンチ」とあるように、この店もただのワインバーではなく(BLANC同様の)ワインレストランともいえます。

料理は見た目も楽しめます

料理は見た目も楽しめます

「本日のアラカルト」として魚料理、肉料理とも数種類が用意されますが、あらかじめ訪問予定が決まっており、この店の料理を味わってみたいなら「ティルブション おまかせコース」(6,600円、要予約)がおすすめ。月替りの本格フレンチのコースで、その値段からは考えられない充実した内容です。

牡蠣やホタテ、ワカサギやアブラボウズなど地元で獲れた食材なども使った料理も多く、北海道を感じることのできるフレンチでもあります。

旬のおすすめ「ズワイガニとコンソメの泡」

旬のおすすめ「ズワイガニとコンソメの泡」

旬のおすすめなら「ズワイガニとコンソメの泡」(2,800円)。
サフランライスにズワイガニのほぐし身、さらにその上に泡状のコンソメという一品。
これらを合わせて、リゾットのようにいただければそれぞれの旨味が口に広がります。

ワインも料理も素晴らしい店ですが、おすすめの最大のポイントはオーナーソムリエである森氏のホスピタリティ
一人でカウンターに座っても、きっと最後まで気持ちよくワインと料理を楽しむことができるはずです。

ティルブション
札幌の人気ソムリエが独立開店した注目店

その他の写真

店データ

店名
ティルブション ホームページ
住所
札幌市中央区南4条西5丁目5-1 2F
電話番号
011-215-0886
営業時間
18:00〜翌1:00(金・土曜日は翌2:00)
定休日
日曜日
アクセス
地下鉄すすきの駅 徒歩3分
予算
4〜5,000円

おすすめメニュー

  • グラスワイン:1,000円前後〜税抜
  • チーズせんべい:660円
  • 芋フライ:550円
  • ズワイガニとコンソメの泡:2,800円
  • パテ・ド・カンパーニュ:1,100円
  • ティルブション おまかせコース:6,600円