らーめん五丈原

元祖 “深夜行列” の人気店

らーめん五丈原

1990〜2000年代にかけて札幌に登場したラーメン店は「第二世代」と呼ばれることもありますが、「らーめん五丈原(ごじょうげん)」はその代表的な一軒です。創業は1994年、当時は「朝4時に行列のできる店」などと(全国版のテレビ番組で)紹介され、“元祖 深夜行列の店” としてその名を全国に轟かせました。

店はすすきの少し外れ

店はすすきの少し外れ

現在では営業時間などは変わりましたが、深夜まで営業していることに違いはありません(11:00〜翌3:00※)。場所はすすきの中心部から少し離れた住宅街。かつてはポツンとあるラーメン店でしたが、現在は人気店(一幻・信玄など)が集まるちょっとした “ラーメン激戦区” になっています。

看板の「とんしお」(あっさり)

看板の「とんしお」(あっさり)

店内に入ると食券の販売機があります。
トップにあるのは「とんしお あっさり」(750円税込)。この「とんしお」が創業以来の看板メニューです。こだわりの豚骨スープは茹でこぼしを数回繰り返し、あくを徹底的に排除。この手間が味の違いを生み出します。

あっさりながらコク深い「豚骨スープ」

あっさりながらコク深い「豚骨スープ」

白濁した見た目からは意外なほどのあっさり感で、口当たりもまろやか。しかしその中に深いコクが隠れています。豚脂とも相性が良く、その背脂をたっぷり追加した「とんしお こってり」(750円)も人気です。
具のチャーシューは薄切りのトロトロタイプで、しっかりと味付けされたもの。

トロトロのチャーシュー

トロトロのチャーシュー

麺は創業者の出身地である旭川定番の “低加水麺”。小麦感を残し、歯切れがよく(含有水分が少ないため)スープを吸いやすいので、食べる過程で味変が楽しめる麺です。「豚骨スープ+低加水麺」という組み合わせは「五丈原」が開店するまで札幌にはほとんど無かったラーメンであり、この店が「第二世代」とされるゆえんかもしれません。

麺は旭川の「低加水麺」

麺は旭川の「低加水麺」

もちろん札幌ラーメンの基本である「三味」をそろえているので、「みそ」「しょうゆ」(各750円)も食べられます。加えて「ばん辛みそらーめん」(800円)「にぼとん中華そば」(750円)もあり、さらには限定らーめんとして、あの「二郎」インスパイアの「ますらお」(800円)や「燕三条らーめん」(800円)など新メニューも次々に開発しています。

名物「チャーシューおにぎり」

名物「チャーシューおにぎり」

サイドメニューには名物として大人気の「チャーシューおにぎり」(170円)があります。
厚さ5センチはあるおにぎりで、その大きさから箸で食べるお客さんもいるほどです。刻みチャーシューの混ぜご飯を三角に握って海苔を添えたその味は豚骨スープにベストマッチ!
まさに「五丈原」ならではの一品といえるでしょう。

店頭では大きく宣伝!

店頭では大きく宣伝!

このおにぎり、コンビニのコラボ商品としても発売されています。店頭には看板メニューとして「とんしお」と「チャーシューおにぎり」が写真付きで大きく宣伝されています。

すすきので飲んだ後、深夜まで開いているこの店は “締めラー” にも最適です。ふらりと寄ってみてはいかがでしょうか。

※ 当記事作成時は感染対策にて営業は20時まで。

らーめん五丈原
元祖 “深夜行列” の人気店

店データ

店名
らーめん五丈原 本店 Webサイト
住所
札幌市札幌市中央区南7条西8丁目1024-24
電話番号
011-561-3656
営業時間
11:00〜翌3:00(スープ切れ終了)
定休日
無休
アクセス
地下鉄南北線すすきの駅 徒歩12分、市電東本願寺 徒歩3分
予算
〜1,000円

おすすめメニュー

  • とんしお(あっさり・こってり):750円(税込)
  • みそ(あっさり・こってり):750円
  • しょうゆ(あっさり・こってり):750円
  • ばん辛みそらーめん:800円
  • にぼとん中華そば:750円
  • チャーシューおにぎり:170円

詳しくはこちら