中華料理 御舟

昔ながらの“西屯田通り”で町中華

中華料理 御舟

札幌の繁華街「すすきの」から西南に少し離れた「西屯田通(にしとんでんどおり)」
明治時代に山鼻屯田村のために設けられ、戦後は商店街が形成された昔ながらの通りです。
その一角に知る人ぞ知る “町中華” 「御舟(ぎょしゅう)」があります。

食堂「海月」らーめん「てつや」蕎麦「花喬」など人気店が並ぶ「西屯田通り」

食堂「海月」らーめん「てつや」蕎麦「花喬」など人気店が並ぶ「西屯田通り」

元々は白石区にある「中国料理 御舟」の暖簾分けとして「御舟支店」の名で営業していましたが、10年ほど前現在地への移転を機に「中華料理 御舟」(本店は“中国”料理)としています。

目印はこれ(向う側が店)

目印はこれ(向う側が店)

店内にはカウンターにテーブル・小上がり、そしてテレビに漫画本の並ぶ本棚。“町中華”の要素が全て揃っている店なのです。

定番の「餃子」

定番の「餃子」

そんな雰囲気で味わう料理も町中華ならではのもの。
まずは定番の「餃子(焼きギョウザ)」(650円税込)。皮のカリッと焼かれた部分とモッチリした部分の対比に餡の甘さ、ジューシーさが魅力です。

“カリもち”で甘くジューシー!

“カリもち”で甘くジューシー!

そして名物のひとつが「あんかけ焼きそば」
北海道では元々「小樽あんかけ焼そば」ご当地グルメとして知られ、2019年の「B1グランプリ」で堂々4位に入って全国にもその名が轟くようになりました。

名物「あんかけ焼きそば」(品書きは「什錦炒麺」五目焼きそば)

名物「あんかけ焼きそば」

その発祥ともされる店がかつて小樽で人気を誇った「梅月(ばいげつ )」
現在は既に閉店していますが、そこで店長まで努めた方が「中国料理 御舟」(白石区)のご主人なのです。
そしてその支店として暖簾分けされたここ「中華料理 御舟」でも、伝統の味を正当に引き継いでいるのでしょう。

熱々の具沢山です

熱々の具沢山です

店の品書きは「什錦炒麺(五目焼きそば)」(税込800円)。ボリュームたっぷりの焼きそばには、もやし・白菜・キクラゲ・豚肉・ハム・キヌサヤ・エビ・小柱などが餡とともにかけられています。
やや甘口の餡は軽く “焼き” の入った香ばしい麺と好相性、添えられた辛子を混ぜての味変も楽しめます。

“焼き”の入った香ばしい麺

“焼き”の入った香ばしい麺

「中華ちらし」もこの店ならではという一品。
北海道帯広地区のご当地グルメとしても知られるこの料理は、野菜など各種の具材を炒めて味付けし、ご飯の上に乗せたもの。イメージとしては “中華丼の餡無し” になるかもしれません。この店ではカニやエビ・イカなどの海鮮素材も入ります。

これぞ「御舟特製中華ちらし」

これぞ「御舟特製中華ちらし」

その他ちょっと珍しい「豚肉のてんぷら」(1,300円)や定番系の「にらレバ」(1,300円)なども人気で、これらは「定食」でも食べることができます。

西屯田通りには人気の「パン屋さん」もあります

西屯田通りには人気の「パン屋さん」もあります

札幌の昔ながらの西屯田通りで、昔ながらの “町中華” を味わう。
ここ「中華料理 御舟」ならではの楽しみです。

中華料理 御舟
昔ながらの“西屯田通り”で町中華

その他の写真

店データ

店名
中華料理 御舟
住所
札幌市中央区南10条西13丁目2-5
電話番号
011-561-3080
営業時間
11:00〜15:00、17:00〜21:30(L.O.30分前)
定休日
水曜日
アクセス
札幌市電西線11条停留所 徒歩5分
予算
1〜2,000円

おすすめメニュー

  • 什錦炒麺(五目焼きそば):800円(税込)
  • 餃子(焼きギョウザ):650円
  • 御舟特製中華ちらし:800円
  • 豚肉のてんぷら:1,300円
  • にらレバ:1,300円
  • 定食各種:800円〜