かとうらーめん 手稲本店

“元祖旭川”らーめんを札幌で

かとうらーめん 手稲本店

「旭川ラーメン」の歴史に欠くことのできない「加藤ラーメン」。今や旭川ラーメンの代名詞ともいえる「低加水麺」を開発した製麺所です。
現存する旭川ラーメンで最古の一軒とされ“元祖”とも称される人気店「蜂屋」(旭川)とは創業者同士が兄弟関係、この両者で旭川のラーメンを今日まで牽引してきました。

特徴的な「旭川ラーメン」は醤油が基本

特徴的な「旭川ラーメン」は醤油が基本

今では旭川ラーメンの象徴となった「豚骨・魚介のダブルスープ」を蜂屋が作り上げ、それに合うように工夫された独特の「低加水麺」を加藤ラーメンが開発しています。

この旭川の“元祖”の味を札幌で体験できる店が今回ご紹介する「かとうらーめん(手稲本店)」
札幌市の郊外、手稲区の稲積公園近くと少し離れた場所にありながら、昼時は待ち列ができるほどの人気店です。

カウンターのみの店内

カウンターのみの店内

店名通り、旭川の加藤ラーメン直営で、店には製麺工場も併設されています。
暖簾には「元祖旭川」の文字、そうですこの店のラーメンには旭川ラーメンの歴史そのものが凝縮されているのです。
店内はL字のカウンター。手際の良い調理で、待ち時間も少なくラーメンが提供されます。

一番人気の「醤油らーめん」

一番人気の「醤油らーめん」

一番人気は“旭川といえば”「醤油らーめん」(750円税込)。
豚骨と魚介のダブルスープに定番の低加水麺。スープを吸いやすく、絡みの良い小麦の香りが残るまさに旭川!といえる独特の麺です。

独特の「低加水麺」

独特の「低加水麺」

醤油らーめんには「高菜」と「生姜」のバリエーションがあり、ともにオリジナリティのある味に仕上がっています。

お腹が空いているなら自慢のチャーシューを使った「チャーシュー丼」と醤油らーめんのセット(1,000円)や、麺を食べ終わったスープにご飯とネギ、刻んだチャーシューを加えて卵でとじる「いつもの奴」(250円)などがおすすめです。

「磯のり」をトッピング

「磯のり」をトッピング

「気まぐれメニュー」として魚介系の「づけ丼」や「サクラマス丼」が登場したり、トッピングに「磯のり」(200円:写真)が用意されたりすることもあります。

なお、支店として札幌中心部からは比較的訪問しやすい「月寒店」(地下鉄東西線白石駅徒歩15分)もあるので、都合に合わせて利用されるとよいでしょう。

かとうらーめん 手稲本店
“元祖旭川”らーめんを札幌で

その他の写真

店データ

店名
かとうらーめん 手稲本店
住所
札幌市手稲区前田5条6丁目3-30
電話番号
011-684-8308
営業時間
11:30〜15:00、17:00〜20:00(L.O.は15分前、火曜日は昼のみ)
定休日
水曜日・第3火曜日(祝日の場合営業)
アクセス
JR稲積公園駅 徒歩15分
予算
〜1,000円

おすすめメニュー

  • 醤油らーめん:750円(税込)
  • 高菜醤油:850円
  • 生姜醤油:800円
  • とん塩:750円
  • チャーシュー丼セット(醤油):1,000円
  • いつもの奴(おじや):250円