麻 SHIBIRE

東京四川料理の名店「芝蘭」が札幌に出店

麻 SHIBIRE

東京の「四川飯店」といえば四川料理の総本山であり、創業者の陳建民氏から二代目の陳建一氏ともどもメディアでの登場機会も多く、誰もが知る店でしょう。

四川飯店は全国的にグループ店舗展開を行なっていますが、独立してその名を上げた店もあります。
そのひとつが「芝蘭(チーラン)」です。
芝蘭系列としては都内・近郊の何ヶ所かに店を構えます(桃園会グループ)が、最近では坦々麺をメインに提供する店舗として札幌にも進出しました。

地下歩行空間直結の「sitatte sapporo」

地下歩行空間直結の「sitatte sapporo」

札幌の地下歩行空間に直結した複合ビル「sitatte sapporo(シタッテサッポロ)」の地下一階にある「麻SHIBIRE(シビレ)」です。

自慢の「担々麺」

自慢の「担々麺」

担々麺は1800年代の中頃に中国四川省で、天秤棒を意味する「担担」を担いで売り歩いたことからその名がついたとされています。
日本ではラーメンのバリエーションとして流行したため「汁あり」が一般的ですが、本場四川ではそのスタイルからスープを大量に持ち歩けないため、「汁なし」が標準だったようです。

その本場の伝統を踏襲した麻SHIBIREでも、「汁なし担々麺」(800円、以下全て税込)が一押しになっています。
道産小麦粉を使ったモチモチ麺に、醤に酢・辣油をベースとし、花椒、唐辛子を加えた特製のタレをかけています。さらに、ヤーツァイ(中国の青菜の漬物)を混ぜた肉味噌と松の実などをトッピングした汁なしの担々麺です。

プラス100円で「温泉卵と追い飯」の追加ができるので、最初はよくかき混ぜてストレートな刺激を楽しみ、次に温泉卵を入れて辛口カルボナーラ風に、そして最後にご飯を追加(追い飯)して残りのタレ一滴までを味わってください。

もちろん、定番の「汁あり担々麺」(800円)や「麻婆豆腐」(850円)なども、さすがは四川飯店系と思わせる伝統の味を感じされてくれます。

定番の「麻婆豆腐」

定番の「麻婆豆腐」

さらにその組み合わせともいえる「頂天麻婆麺」(1,000円〜)も人気です。
自分で辛さを調整できるので、辛いものが好きな方には一番のおすすめです。

店名に「SHIBIRE」とあるように、この店の売りは「痺れ(シビレ)」です。
「麻」は中国語で「痺れ」を意味します。
その痺れは芳醇な「紅山椒」と爽やかな「青山椒」がもたらしています。ともに四川省直送の特級品を使っていることがこの店の自慢です。

札幌地下歩行空間直結で、ランチにも夕食にも便利
カウンターで、サイドメニューの一品料理(点心など)をつまみに一人飲みもできるなど、いろいろな使い方ができます。

何より気軽に名店「芝蘭」の味を楽しめるということが、この店をおすすめする一番の理由です。

麻 SHIBIRE
東京四川料理の名店「芝蘭」が札幌に出店

店データ

店名
麻 SHIBIRE ホームページ
住所
札幌市中央区北2条西3丁目 フコク生命越山ビル(sitattesapporo)B1
電話番号
011-213-1485
営業時間
11:00〜22:30(L.O.22:00)
定休日
無休
アクセス
JR札幌駅 徒歩5分、地下鉄さっぽろ駅 徒歩3分
予算
〜1,000円

おすすめメニュー

  • 汁なし担々麺:800円(温泉卵・追い飯セット900円)税込
  • 汁あり担々麺:800円
  • 麻婆豆腐:850円
  • 頂天麻婆麺:1,000円〜
  • 焼き餃子:500円
  • 水餃子:500円

詳しくはこちら