中華飯店 秀円

円山大鳥居下の大衆町中華

中華飯店 秀円

札幌でホテルにあるような高級中華ではなく町中華、いわゆる大衆中華の店に行ってみたいなら、円山地域にある「中華飯店 秀円(ひでまる)」はまさにうってつけ。
外観も店内もオシャレっ気はありません(失礼!)。でもその雰囲気こそが、気軽に落ち着いた気分で町中華を楽しませてくれるのです。

円山大鳥居手前右側が店です

円山大鳥居手前右側が店です

場所は地下鉄東西線円山公園駅から北に歩いて5分ほど、北1条通りの北海道神宮大鳥居が目印。その袂に店はあります。
店内はカウンター6〜7席にテーブルが数卓、15人ほどの収容ですが、宴会用(何と3600円で飲み放題付き!)の別室も用意されています。

「これぞ町中華!」の店内

「これぞ町中華!」の店内

メニューを眺めれば、点心・ラーメン系・肉・海鮮系に各種の炒め物などなど、その豊富さに迷ってしまうことでしょう。
今回この店をご紹介する理由のひとつが、名物の「チャーメン」(醤油・塩各890円、以下全て税抜)。

おすすめの「チャーメン」(写真は正油味ハーフ)

おすすめの「チャーメン」(写真は正油味ハーフ)

長崎など全国には何カ所かの「チャーメン」が存在しますが、「秀円」のものは北海道らしく小樽地区のご当地グルメで知られる「五目あんかけ焼きそば」のタイプです。
オリジナルの餡は、ともに旨味をしっかり出した醤油と塩味の2種類があります。

エビ・イカ・アサリなど海鮮もたっぷり

エビ・イカ・アサリなど海鮮もたっぷり

具は豚肉に白菜・タケノコ・キクラゲ・絹さやなどの野菜類にエビ・イカ・アサリなどの魚介類。
麺にもお決まりの焼き目(軽いこげ)が入っており、その香ばしさと “カリもち” の食感が持ち味です。

焼き目の香ばしい麺

焼き目の香ばしい麺

もうひとつの名物メニューがその名も「名物 レバニラ炒め」(700円、小580円)で、レバーを軽く揚げてから炒めるという手間のかけ方が、その食感と旨味をワンランクアップさせています。

「名物 レバニラ炒め」(写真は小)

「名物 レバニラ炒め」(写真は小)

「秀円」では一品料理には「小」サイズ、麺・ご飯ものは各200円引きで「ハーフ(6掛けの量)」が用意されているので、いろいろな料理の組み合わせを楽しむことができます。
これは料理全体の盛りが良いことがあるからでしょう。もちろん「大盛り」も可能ですが、かなりの量になるのでご注意ください。

鶏レバーをカリッと揚げて中はふんわり

鶏レバーをカリッと揚げて中はふんわり

さらに+50円で「激辛」にでき、+320円の「ご飯セット(ご飯・ザーサイ・小鉢・味噌汁)」で定食になるなど、食べ方もいろいろ選べます。

花椒香る痺れの「激辛麻婆豆腐」(写真は小サイズ)

花椒香る痺れの「激辛麻婆豆腐」(写真は小サイズ)

激辛で人気なのが「激辛麻婆豆腐」(750円)。
花椒(ホアジャオ・中国山椒)がしっかり痺れを効かせるものながら、その中にしっかり旨みが感じられるところがこの店の麻婆豆腐の特徴です。
ボリュームもたっぷりで、一人なら「小」でも十分なほどです。

ビールにも良く合う「餃子」

ビールにも良く合う「餃子」

街中華の定番といえば「餃子」
秀円の餃子はどちらかといえばオーソドックスなタイプ。カリッとした焼き上げながら皮もほどよいモッチリ感で、ニンニクのアクセントがビールのお供にピッタリです。

その他、珍しいものでは札幌らしく「中華屋のスープカレー」(980円)などもあります。
そんなバリエーション豊かでボリューム満点の料理が魅力の「秀円」は、まさに札幌の町中華。円山方面に行ったときには思い出してください。

夜は“居酒屋使い”もオススメ

夜は“居酒屋使い”もオススメ

なお店はご主人一人での調理で、どの料理も手抜きのない丁寧な作りのため、混雑時には提供までに時間がかかる場合もあります。
テイクアウトも対応しているので、電話(011-640-7766)にてお問い合わせください。

中華飯店 秀円
円山大鳥居下の大衆町中華

その他の写真

店データ

店名
中華飯店 円山 秀円
住所
札幌市中央区北1条西25丁目1-23
電話番号
011-640-7766
営業時間
11:30〜22:00
定休日
火曜日
アクセス
地下鉄線円山公園駅 徒歩5分
予算
1〜2,000円

おすすめメニュー

  • チャーメン:醤油・塩各890円(税抜)
  • 名物 レバニラ炒め:700円(小580円)
  • 麻婆豆腐:700円(小580円、激辛は750円)
  • 焼き餃子:460円
  • チャーハン:五目740円、カレー790円、四川790円
  • 中華屋のスープカレー:980円