クネル

ミシュラン星付きのフランス食堂

クネル

札幌の狸小路8丁目、通称 “タヌハチ”。人気の店から穴場の隠れ家までが並ぶ、狸小路の中でも指折りのグルメスポットです。

その中の一軒「クネル」は、ここタヌハチに店を構えて11年(2019年現在)になるフレンチレストラン。
元々ファンの多い店でしたが、「ミシュランガイド北海道2017」ではついに星を獲得するに至り、今や名店としての評価を確たるものにしています。

店名にもなっている「クネル」

店名にもなっている「クネル」

店名の「クネル(quenelles)」とは魚のすり身を使った料理のことで、もちろんこの店の看板メニューです。
店によって作り方は異なりますが、ここでは魚のすり身に卵・バターを加えた生地を(特製のソースをかけて)オーブンで焼いています。

日本の(あえて例えれば)「はんぺん」のようなフワッとした仕上がりの中に魚介の旨味を感じさせ、特に白ワインとの相性は抜群です。

これも名物「赤ピーマンのムース」

これも名物「赤ピーマンのムース」

「赤ピーマンのムース」(450円、以下全て税抜)も外せません。
この料理名を聞いてピンとくる方も多いでしょう。そうです、東京・三田の名店「コートドール」のスペシャリテとしてあまりに有名な一品。
ご主人の屋木宏司さんは、そのコートドールでスーシェフを務めた方。腕利きの料理人なのです。

人気の「オマール海老のテリーヌ」

人気の「オマール海老のテリーヌ」

「オマール海老のテリーヌ」(1,900円)も人気のメニュー。
口に含めば濃厚な海老の風味が広がりますが、決してしつこさを感じない “素材と調理のクオリティ” を感じる一品です。

メイン料理の “魚” では「エイときゃべつのシェリービネガーソース」(2,000円)、“肉” では「道産牛尾っぽ肉の赤ワイン煮込みにんじんのピュレ添え」(2,500円)なども “コードドール・スペシャル”。
これらを札幌で味わえる。まさにこの店の魅力といえるでしょう。

「道産牛尾っぽ肉の赤ワイン煮込みにんじんのピュレ添え」

「道産牛尾っぽ肉の赤ワイン煮込みにんじんのピュレ添え」

常に5〜6種類が用意されるデザートも楽しみです。
例えば「道産ルバーブのスフレ アイスクリーム添え」(650円)。
長野県と並びルバーブの生産地である北海道らしいデザートで、ルバーブの酸味をスフレの食感が包み、アイスクリームの甘さと一体となることで見事なハーモニーを奏でます。

その他「ココナッツのブランマンジェ」(500円)や各種の「クレームブリュレ」などもあって、それぞれがコーヒーやティーとともに今日の食事を締め括ってくれます。

「道産ルバーブのスフレ アイスクリーム添え」

「道産ルバーブのスフレ アイスクリーム添え」

この店で驚くのは、とにかく「このクオリティでこの値段?」ということ。
特に「赤ピーマンのムース」の450円に至っては、「コスパ」などという言葉を使うのが躊躇われるほどです。

自らを “フランス食堂” とする、そんな気軽な雰囲気と値段で本格的なフランス料理が楽しめる。
「クネル」は札幌で知っておいて損のない、いや “知っておくべき” 一軒といえるでしょう。

クネル
ミシュラン星付きのフランス食堂

店データ

店名
クネル
住所
札幌市中央区南2条西8丁目6-4
電話番号
011-876-8778
営業時間
17:45〜21:30(L.O.)
定休日
月曜日(祝日営業)
アクセス
地下鉄東西線西11丁目駅 徒歩5分
予算
6〜7,000円

おすすめメニュー

  • 赤ピーマンのムース:450円(税抜)
  • クネル:900円
  • オマール海老のテリーヌ:1,900円
  • チーズ(コンテエクストラ):800円
  • グラスワイン:600円
  • デザート:400円〜