さっぽろジンギスカン

札幌生ラムジンギスカンの草分け店

さっぽろジンギスカン

札幌を代表するグルメであるラーメン、スープカレーと並ぶ「ジンギスカン」
大手グルメサイトの「食べログ」では札幌のジンギスカン店は280軒が掲載されているほど、群雄割拠といえる状態にあります。

その中で、今回おすすめする店は「さっぽろジンギスカン」
すすきの中心部にあるプレハブ2階の店には、いつも行列ができているという超人気店です。
※2019年10月18日より 新店舗 (南6西6 第6旭観光ビル1F)に移転営業しています。

新店舗のビル(突き当たり右側が入口)

新店舗のビル(突き当たり右側が入口)

その特徴は「生ラム」のジンギスカン
札幌の数あるジンギスカン店の中でも、いち早く生の高級ラム肉を提供したことで知られます。

プレハブの階段を上がって店内に入ると、横に長いコの字カウンターに詰めて座って15〜6席。長いカウンターの後ろには待ち席があります。
席に座ると黙って目の前に七輪にジンギスカン鍋がセットされ、鍋には玉ねぎが乗せられます。

同時に皿に盛られた羊肉が目の前に。
その新鮮さを誇示するかのように輝く赤身のラム肉です(「ジンギスカン」920円、以下全て税抜)。

見事な生ラム肉

見事な生ラム肉

メニューにある説明によれば「ニュージーランド産の高級生ラム肉」※とのことで、カウンターの中で大きな塊肉から包丁で捌かれて提供されます。
※ 新店舗メニューには「最高ランクサホーク種ラム使用」とあります。

早速焼いて、焼き色がついたらもう食べごろ。
タレは醤油をベースに日本酒・ワインを加え、干し貝柱・干し椎茸にシナモンやバジルなど10種類以上の具材で作られたもので、生ラム肉の旨みを引き出してくれます。

肉はお代わりすると、一皿目は脂の少ない「もも(赤肉)」が中心でしたが、次は脂身のある「白肉」さらに注文すると「骨つきの肉」も出してくれます。

いろいろな肉質も味わえます

いろいろな肉質も味わえます

最初の赤身を食べて「なるほどラム肉だ、食べやすい」と満足してしまうケースが多いかもしれませんが、食べる皿ごとに異なる部位の肉を出してくれるので、2皿以上は食べてみることをおすすめします。
あっさりとした味が特徴のラム肉ですが、脂身の部分はコクもあって、ラム肉のイメージが変わること請け合いです。

名物『ねこ飯」

名物『ねこ飯」

ご飯ものなら、かつお節と特製タレをご飯にかけた「ねこ飯」(380円、小300円)が名物。
「焼き野菜」(420円〜)としてアスパラや舞茸、もやし、しし唐、ホウレンソウ、ニンニクの芽などがその旬に合わせて用意されるので、バランスの良い食事を摂ることもできます。

仕上げのジャスミン茶

仕上げのジャスミン茶

そして仕上げには、タレを目の前にあるポットに入ったジャスミン茶で割ってスープ風にいただきます。
ハーブの香るタレに溶け込んだ肉の旨みとジャスミン茶が相まって、締めにちょうど良いひと口が味わえます。

※ 店外観写真・店舗データ・メニューは新店舗のもの。本文中写真は旧店舗のものです。

さっぽろジンギスカン
札幌生ラムジンギスカンの草分け店

その他の写真

店データ

店名
さっぽろジンギスカン 本店 ホームページ
住所
札幌市中央区南6条西6丁目7-1 第6旭観光ビル 1F
電話番号
011-512-2940
営業時間
17:00〜21:30(肉が無くなり次第終了)
定休日
不定休(店頭やホームページで案内あり)
アクセス
地下鉄すすきの駅 徒歩約6分
予算
3〜4,000円

おすすめメニュー

  • 生ラムジンギスカン:920円(税抜)
  • 焼き野菜:420円〜
  • ねこ飯:小300円、大380円
  • 焼きにんにく:290円
  • キムチ:290円

詳しくはこちら