十勝豚丼 いっぴん

たれメーカー「ソラチ」の豚丼専門店

十勝豚丼 いっぴん

北海道グルメのひとつである「豚丼」は、十勝地方・帯広の発祥であることが知られています。今回はその豚丼を札幌で食べるなら外せない店、「十勝豚丼 いっぴん」をご紹介します。

「いっぴん」は、北海道を代表する調味料メーカーである「ソラチ」が経営する豚丼専門店です。
ソラチは焼肉やジンギスカン、豚丼などの “たれ(以下タレ)” を製造しており、北海道民にはお馴染みといえるブランドでしょう。

焼き肉やジンギスカンの「たれ」(イメージ)

焼き肉やジンギスカンの「たれ」(イメージ)

そのソラチが自社のタレを使い、北海道グルメである豚丼を多くの人に食べてもらえるようにオープンした店が「いっぴん」なのです。

“ご当地” である帯広など十勝地方には豚丼を食べられる店が数多くありますが、ほとんどが個人店であり札幌に支店を出すことはまずありませんでした。

「ソラチ」は札幌に出店しました(写真はステラプレイス)

「ソラチ」は札幌に出店しました(写真はステラプレイス)

ソラチは2001年に「いっぴん」1号店の帯広本店を開店、その後札幌に5店舗を展開したことで、札幌市民や旅行客・出張者などが(札幌で)本格的な豚丼を味わうことができるようになりました。

その中でも「ステラプレイス店」は札幌駅直結の商業施設ステラプレイスの6階にあり、アクセスの便利なことこの上ない店舗です。

「ステラプレイス」6階レストランフロア

「ステラプレイス」6階レストランフロア

札幌にも豚丼をメニューに入れている飲食店は多くありますが、ここ「いっぴん」は豚丼の “専門店” です。店名の由来も「本当に美味しい豚丼の一品勝負!」とのことで、メニューには「豚丼」と「豚皿」、数品のサイドメニューしかありません(店舗で一部異なります)。

丼からはみ出す豚肉!

丼からはみ出す豚肉!

「豚丼」(880円税込)はこの店の基本メニュー。厳選の豚本ロース肉を自慢のタレにくぐらせて、備長炭の炭火で一枚ずつ丁寧に焼いています。そしてもう一度タレにつけて焼く “重ね焼き製法” がこの豚丼の特徴です。

「豚丼」(普通盛り)

「豚丼」(普通盛り)

メニューは豚丼のみながら、“食べる量” はいろいろと選べます。普通盛りのほか、ご飯と肉を別々に増減することができます(詳細は店内メニューをご確認ください)。

タレの多少肉のカットサイズ(無しもOK)も好みで指定することができます。

豚肉は「ロース」(写真のカットサイズは標準)

豚肉は「ロース」(写真のカットサイズは標準)

丼ではなく、定食風に食べたいなら「豚皿セット」(990円、ご飯・味噌汁付き)がおすすめです。

「いっぴん」の豚肉は “ロース肉” が基本ですが、“バラ肉” とロース2種盛りの「豚ざんまい」(1,000円、ご飯小930円・大1,070円)も用意されています。

具だくさんの「豚汁」

具だくさんの「豚汁」

「豚汁」(250円)はゆで玉子が入るなど具だくさんで、さすがは “豚肉を扱う専門店!” と感じさせる味わいです。

札幌に “来たなら、いるなら、帰るなら”、必ずといえるほど利用する札幌駅。その札幌駅に直結するここ「いっぴん ステラプレイス店」は、札幌で豚丼を食べるなら “一番便利な場所” にある店といってもよいでしょう。

十勝豚丼 いっぴん
たれメーカー「ソラチ」の豚丼専門店

その他の写真

店データ

店名
十勝豚丼 いっぴん ステラプレイス店 Webサイト
住所
札幌市中央区北5条西2丁目5 札幌ステラプレイス6F
電話番号
011-209-5298
営業時間
11:00〜23:00(L.O.22:30)
定休日
ステラプレイスに準じる
アクセス
JR札幌駅直結
予算
〜1,000円

おすすめメニュー

  • 豚丼:880円(税込)
  • ハーフ豚丼:630円
  • 豚ざんまい:1,000円
  • 豚皿セット:990円
  • 豚皿:770円
  • 豚汁:250円(味噌汁:120円)

詳しくはこちら