なだ万茶寮

日本料理を代表する名店の味を気軽に楽しめる

なだ万茶寮

※なだ万茶寮は当面の間、11:00〜21:00(L.O.20:00)となります。

「なだ万」といえば、国内でも屈指の歴史と実績を誇る日本料理の名店です。
天保元年(1830年)大阪で創業。1970年代には東京を代表する高級ホテルである帝国ホテルやホテルニューオータニなどに出店、80年代には「東京サミット」の公式晩餐会に使われるなど、その名声を高めてきました。

札幌ではパークホテルに「なだ万雅殿」を出店、本格的な日本料理店として人気を集めています。
その「なだ万」の味を、よりカジュアルで気軽に楽しめるようにと平成27年(2015年)大丸札幌店8階のレストラン街にオープンした店が「札幌 なだ万茶寮」です。

店内は落ち着いた「和」の雰囲気を出しながらカフェ風のテーブル席を配するなど、レストラン街らしく気軽に使えるような造りになっています。

ランチには、そばと丼(マグロ漬け)に先付と天ぷら、デザートがついた「味ごよみ」が2,900円(以下全て税抜)。懐石風のランチなら、「いろどり膳」(3,000円)。この値段でなだ万の味を楽しむことができるというのは、カジュアルスタイルのこの店ならではといえるでしょう。

本格的な懐石メニュー

本格的な懐石メニュー

夜は4,500円の「数寄屋ディナー」から札幌店のオリジナルメニューである「北海道コース」(7,000円)、本格的な懐石(「おまかせ」15,000円〜、3日前までの要予約)までが用意されています。

なだ万らしく「旬」を大切にし、月替わりの「季節のおすすめ」コースもあります。
夏季には「雲丹と鮑 夏味覚」として旬のウニとアワビを贅沢に使った料理が並びます。
さらに一品料理にも季節を反映させ、玉蜀黍(とうもろこし)や鰻を使った料理なども登場します。

「お造り」

「お造り」

デザートにはなだ万名物の「グラマラッカ」(タピオカ入りのココナッツミルクに粒あん、バニラアイスが乗り黒蜜をかけたもの)や「アイス最中」などから選べます。

名物スイーツ「グラマラッカ」

名物スイーツ「グラマラッカ」

グループ向けの店でありながら、出張時の一人飲みなどでも「造り盛り合わせ(3種〜)」や「旬菜三種盛り」なども用意されているので、これらをつまみにゆったりとした時間を過ごすことができるでしょう。

とにかくJR札幌駅直結というアクセスの良さがこの店の特徴でもあり、旅行や出張で札幌を訪れるときには “便利でおいしい一軒” として覚えておいて損はありません。

なだ万茶寮
日本料理を代表する名店の味を気軽に楽しめる

店データ

店名
札幌なだ万茶寮 ホームページ
住所
札幌市中央区北5条西4丁目 大丸札幌店8F
電話番号
011-223-7722
営業時間
11:00〜22:00(L.O.21:00)
定休日
不定休(大丸札幌に準じる)
アクセス
JR札幌駅直結
予算
4〜5,000円

おすすめメニュー

  • 味ごよみ:2,800円(税抜)
  • いろどり膳:3,000円
  • 数寄屋ディナー:4,500円
  • 北海道コース:7,000円
  • 造り盛り合わせ:3種1,500円

詳しくはこちら