翠明庵

希少な蕎麦粉で打つ十割そばの店

翠明庵

※翠明庵は6/1(月)より当面の間、11:30〜14:00、夜営業は1日2組限定で、前日までの予約制となっています。詳細は店にお問い合せください(011-664-7238)。

北海道は全国一のソバ産地であり、札幌にもその蕎麦粉を使う蕎麦店が数多くあります。
その中から今回は、西区の西野9条という札幌の中心部からは離れた場所にありながら札幌のそば好きが通う名店「翠明庵(すいめいあん)」をご紹介しましょう。

小上がりでゆっくり

小上がりでゆっくり

醉明庵では、北海道黒松内産「奈川在来(ながわざいらい)」の蕎麦粉を使って十割そばを手打ちしています。
奈川在来とは、信州長野の奈川村(現在は松本市に合併)地区で自生していた、品種改良などがなされていない言わば “野生のソバ” 。1990年代の終わり頃に、台風などの影響もあり栽培が途絶えてしまいましが、その復活を願う人々の努力で一部の栽培が再開され、今では北海道でも少量ながら生産されるようになっています。

そんな希少な蕎麦粉で打ったそばを食べたくて、地元のそば好きが連日この店を訪れているのです。

見事な手打十割そばの「せいろ」

見事な手打十割そばの「せいろ」

まずは「せいろ」(700円、以下全て税込)でその蕎麦を味わいましょう。
香り高く、喉越しのよい細めのそばは、これがつなぎ無しの十割手打ちであることに驚かされます
太くてボソボソ、すぐに切れてしまう、そんな手打ちそばとは一線を画しています。

青森産の「本鴨」

青森産の「本鴨」

「鴨せいろ」(1,500円)は青森産の本鴨が使われ、その旨みを存分に味わえます。
札幌の寒い夜には、「鴨鍋」(鴨鍋・お造り・酒肴・せいろのセットで3,500円、要予約)でゆっくり温まるのもおすすめです。

おすすめの「鴨鍋」

おすすめの「鴨鍋」

日本酒は宮城の銘酒「伯楽星(はくらくせい)」。今や酒通垂涎の人気ブランドですが、ご主人は毎年このお酒の醸造元である宮城県川崎町の新澤醸造店に蔵人として冬の間(10月末〜4月末)出張し(その期間店は休み※)、自らこの店専用のお酒を造っています

新酒の「翠」

新酒の「翠」

純米吟醸酒の「翠」ここでしか飲めない限定新酒。透明感がありながら米の旨味もしっかり感じられるお酒で、ついつい杯を重ねてしまいます。
料理の邪魔をせず、むしろその味を引き立ててくれる “究極の食中酒”ラベルも女将の手書きで、まさに「翠明庵オリジナル」の一本です。

お造りや酒肴類も楽しめます

お造りや酒肴類も楽しめます

おつまみには宮古島の塩が添えられる「天ぷら」や新鮮な「お造り」などが用意されています。店内に掲示される「おすすめボード」も要チェックです。
持ち帰りもできる「サバ押寿司」(1本1,300円)もおすすめ。サバの締め方が抜群で日本酒にもよく合います。

名物のひとつ「サバ押し寿司」

名物のひとつ「サバ押寿司」

このように、翠明庵では希少な蕎麦粉による見事な手打ちそば他では飲めない銘酒、それによく合う酒肴などが楽しめます。そして何より和服が似合う、にこやかな女将の接客の良さが、この店までわざわざ足を延ばす理由になることでしょう。

※2019〜20年は冬季の長期休業は無いとのことです。

翠明庵
希少な蕎麦粉で打つ十割そばの店

その他の写真

店データ

店名
翠明庵
住所
札幌市西区西野9条4丁目8-17
電話番号
011-664-7238
営業時間
11:30〜14:00、18:00〜22:00(日・祝日は昼のみ)
定休日
木曜日
アクセス
地下鉄東西線発寒南駅よりバス13分(平和の滝入口行き〜西野小学校前下車徒歩2分)
予算
1〜2,000円

おすすめメニュー

  • せいろ:700円(税込)
  • 鴨せいろ:1,500円
  • 天せいろ:1,500円
  • 鴨鍋セット:3,500円
  • サバ押し寿し:1,300円
  • 日本酒(伯楽星限定品):600円