大衆酒場 おたる三幸

駅直結で終電直前まで楽しめる立ち飲み居酒屋

大衆酒場 おたる三幸

札幌で気軽にお酒を楽しむなら「立ち飲み」居酒屋がおすすめ。
数ある立ち飲み店の中から今回ご紹介するのは、「大衆酒場 おたる三幸」です。

おすすめの理由は、①駅直結の便利な場所②昼から終電前まで営業している、③お酒と料理がおいしい、この3つ。

これに引き込まれます

これに引き込まれます

まずは場所。JR札幌駅と大通を結ぶ地下歩行空間に直結し、地下鉄のさっぽろ駅は目の前というロケーションなので、雨や雪も気にすることなしにアクセスが可能です。

15時から営業しているので、札幌に着いて一息入れたり、宴会の前の時間調整(0次会)、さらには終電の前の仕上げの一杯など、使い途いろいろなのがこの店の売りでもあります。

そしてこの店はサッポロビールのグループであり、小樽を本店とするビアホールレストラン直営の立ち飲み(立呑み)酒場なので、ビールをはじめとするお酒や本店自慢の和洋食メニューは他の立ち飲み店とは一線を画しています

サッポロクラシック生も頼める「ほろ酔いセット」

サッポロクラシック生も頼める「ほろ酔いセット」

早い時間から飲めるならば、18時までの「ほろ酔いセット(梅)」がおすすめ。
サッポロビールのグループならでは「サッポロクラシック生ビール」も選べるお酒類に、名物のカレー風味「ポテトサラダ」や「ハムカツ」などから一品、おでん2種類を選んで790円(以下全て税込)という圧倒的なコスパです。

カレー風味の「ポテトサラダ」

カレー風味の「ポテトサラダ」

このほろ酔いセット、ドリンクが2杯、おでんの代わりに「刺身おまかせ2品」の「竹 1,290円」と、ドリンク3杯におつまみもグレードアップする「松 1,590円」もあって、こちらは19時までOKのサービスメニューになっています。

小樽名物「あんかけ焼きそば」

小樽名物「あんかけ焼きそば」

料理では、本店のある小樽のソウルフードである「鉄板小樽 あんかけ焼そば」(680円)が人気。熱々の鉄板で提供される食べ応えある一品です。

珍しい「大根の天ぷら」

珍しい「大根の天ぷら」

珍しいところでは「大根の天ぷら」(350円)。さっくりホクホク揚がった大根がいい味を出してくれます。

その他本格的な「四川風 麻婆豆腐」(600円)や「焼きたてだし巻き玉子」(480円)なども老舗レストランならではのクオリティ、まさに伝統の技を感じます。

本格的な「四川風 麻婆豆腐」

本格的な「四川風 麻婆豆腐」

「大衆酒場 おたる三幸」は連日賑わう人気店ですが、(100席はありながら)席の配置にも十分工夫されているので、ゆったりとお酒を楽しむことができます。

札幌駅周辺で行く店に迷ったら、ぜひこの「おたる三幸」を思い出してください!

大衆酒場 おたる三幸
駅直結で終電直前まで楽しめる立ち飲み居酒屋

店データ

店名
小樽ニュー三幸 札幌駅前北4条店 (大衆酒場 おたる三幸) ホームページ
住所
札幌市中央区北4条西3丁目1-2 成友ビル B1F
電話番号
011-222-7744
営業時間
15:00〜24:00(L.O.23:30)
定休日
日曜日
アクセス
地下鉄南北線さっぽろ駅 徒歩1分、JR札幌駅直結
予算
1〜2,000円

おすすめメニュー

  • ほろ酔いセット:790円(税込)〜
  • 鉄板小樽あんかけ焼そば:680円
  • 大根の天ぷら:350円
  • 四川風 麻婆豆腐:600円
  • 焼きたてだし巻き玉子:480円
  • サッポロクラシック生ビール:390円