おが

北海道の海鮮を贅沢に味わうならこの店

おが

札幌の美食は数あれど、A級グルメといえば何といっても「海鮮」でしょう。
「毛がに」や「活いか」、「うに」など。とにかく北海道中の鮮魚類を食べられるのは、まさに札幌ならでは。

そんな北海道の海鮮を思いっきり贅沢に味わうなら、「郷土料理 おが」をおすすめします。
その理由は、この店が食材に対して徹底したこだわりを持っているからです。

見事な「活毛がに」

見事な「活毛がに」

例えば「活毛がに釜ゆで」(100gあたり1,980円、以下全て税抜)。
「おが」では活きた毛がにを、必ず注文が入ってから茹でてくれます。これはお客さんに最高の状態で食べてもらいたいというこだわりです。ひと口食べてみれば、その旨味の違いを感じることでしょう。

毛がには小さめのものから大型サイズまで、その日のメンバーや他の料理との組み合わせで選ぶことができるので、注文時に店員さんと相談して決めるのがおすすめです。

おすすめの「旬のお造り盛り合わせ」

おすすめの「旬のお造り盛り合わせ」

もちろん「刺身」類も充実。毎日多くの鮮魚が揃うので、「当日のおすすめ」を聞いて注文しましょう。
盛り合わせなら一人前で3,000円からですが、内容によって値段も変わります。

ほとんどの魚は「活」にこだわり、特に「活ぼたんえび」は器から飛び出すほど活きのいいもの。
食べた後には殻を揚げてくれるので、これも良いおつまみになります。まさに鮮度の証明といえるでしょう。

「活ぼたんえび」の殻揚げ

「活ぼたんえび」の殻揚げ

「きんきのしゃぶしゃぶ」はこの店の名物。
一人前4,800円と少々値は張りますが、“網走産の一本釣り” ものにこだわっています。
しゃぶしゃぶした「きんき」の身はもちろん、旨みのでた出汁が最後の「おじや」まで演出してくれます。

刺身用の「活きんき」でしゃぶしゃぶ

刺身用の「活きんき」でしゃぶしゃぶ

しゃぶしゃぶは各種の魚介類でも対応が可能で、貝類やタコなどでも楽しめます。
特に “活毛がに、活イセエビ、活きんき” の3種類が味わえる「三大黄金しゃぶしゃぶ」(一人前9,800円)は贅沢この上ない一品になります。

この「おが」は、訪日外国人向け観光情報サービスサイト「LIVE JAPAN Award 2019 HOKKAIDO」の年間ランキング「グルメ部門」で堂々の第5位に選ばれました。
まさに、この店の人気と高い評価の証明といえるでしょう。

「じゃがバター」に塩辛

「じゃがバター」に塩辛

「郷土料理 おが」は札幌で贅沢な食事をしたい時、きっと満足させてくれるおすすめの一軒です。

なお、今回はやや高級志向なメニューをご紹介しましたが、店内にはカウンターもあり「じゃがバター」(500円)など手頃な一品料理も充実しているので、気軽に “一人飲み” を楽しめることも付け加えておきましょう。

おが
北海道の海鮮を贅沢に味わうならこの店

店データ

店名
郷土料理 おが ホームページ
住所
札幌市中央区南3条西3丁目1 サンスリービル 8・9F
電話番号
011-242-3328
営業時間
17:00〜24:30(日・祝日は〜24:00)
定休日
無休
アクセス
地下鉄南北線すすきの駅 徒歩3分
予算
8〜10,000円

おすすめメニュー

  • 活毛がに釜ゆで:100gあたり1,980円(税抜)
  • 旬のお造り盛り合わせ:一人前3,000円〜
  • きんきのしゃぶしゃぶ:一人前4,800円〜
  • 海水うに:2,000円
  • 活いか:3,000円〜
  • じゃがバター:500円

詳しくはこちら