うな亭 わがつ

名店の味を復活させた注目の鰻店

うな亭 わがつ

※うな亭 わがつは当面の間、予約とテイクアウトのみの対応で18:30のL.O.となっています。

かつて札幌にあった名店「うな亭」の味を引き継いで始めた店が「うな亭 わがつ」
30年ほど前に閉店したうな亭のファンだったご主人が、そのお弟子さんから「たれ」を引き継いで始めた店です。

札幌は全国の大都市の中では鰻店が少ないので、このような店は貴重といえるでしょう。
場所は円山地区の閑静な住宅地にあります。
かつてお洒落っぽい蕎麦店などが入っていた店舗は手頃な広さ。落ち着いて食事が楽しめます。

シンプルな看板

シンプルな看板

入店すると「今から調理するので30分以上かかります」と言われます。
これは本格的な鰻の店なら当然のこと。“早くて良い”などということは、まずありません。

老舗の鰻店などでは「肝焼き」「う巻き」「うざく」などをつまみにお酒を楽しみながら待つものですが、グランドメニューに一品料理はありません
ご主人一人で切り盛りしているので、やむを得ないでしょう。

ビールには「お通し」付き

ビールには「お通し」付き

ただしお酒類を頼むと一品「お通し」(300円)が付いてきます。「きんぴらごぼう」や「おひたし」系の素朴なものです。

時には「ひれ焼き」なども

時には「ひれ焼き」なども

その日の仕入れと混雑状況によっては、「ひれ焼き」「お新香」などを出してくれることもあるので、気軽に相談してみましょう。

この店の鰻は皮目も身もしっかり焼いてくれるタイプ。
しかしながら時間をかけるだけあって、中はふんわりと仕上げてくれます。

しっかり焼いた「鰻重」

しっかり焼いた「鰻重」

たれは醤油の味を残した辛口で、東京などの老舗鰻店を想わせるもの。
ご飯も粒が立った炊き上がりで、そのたれがよく染み込みます。

札幌にはあまり無いタイプの鰻重なので、ご主人が「うな亭」にこだわり続ける理由がわかるようです。

場所が札幌中心部からは少し離れているので、訪問前には電話確認をおすすめします。訪問が確実ならば予約した方が無難です。
週末は仕入れや混み具合の関係上、料理も事前に予約しておいた方がよいでしょう。

持ち帰りうな重は「中割重」(6,500円)「松重」(4,300円)「竹重」(3,400円)となります。
注文は 011-644-1030 まで。

うな亭 わがつ
名店の味を復活させた注目の鰻店

店データ

店名
うな亭 わがつ
住所
札幌市中央区北1条西22丁目1-14 ライラック表参道 1F
電話番号
011-644-1030
営業時間
11:30〜13:00、17:00〜21:30(L.O.21:00)
定休日
月曜日(冬季の第3週目は火曜連休)
アクセス
地下鉄東西線円山公園駅 徒歩6分
予算
4〜5,000円

おすすめメニュー

  • 松重:4,300円(各サイズの丼もあり:同価)
  • 竹重:3,400円
  • 梅重:2,500円
  • 今日の日本酒:1,000円