北乃ラーメン

“澄んだスープ”にこだわるラーメン

北乃ラーメン

札幌は言うまでもない“ラーメンの街”
特に伝統の「味噌ラーメン」が有名ですが、実は多くの店では「味噌・醤油・塩」の三種類が用意されているものです。

今回は三つの味から札幌で特に「塩」ラーメンをおすすめする店をご紹介しましょう。
店の名は「北乃ラーメン(きたのらーめん)」。JR桑園駅と北海道立近代美術館(北1西17)との中間くらいの場所にあります。

札幌清田区の北野(店名の由来のようです)で創業、その後現在の場所に移転して通算では既に30年を超えました。この歴史こそが、この店のしっかりした支持基盤(常連顧客)による“味の証明”ともいえます。

入口右の案内板と店の奥には北野時代の看板

入口右の案内板と店の奥には北野時代の看板

店の入口横には案内板が架けられており、「おススメします!澄んだスープの塩ラーメン」の文字に期待が膨らみます。
店内に入ると、カウンターに大きめの横長テーブルが2卓(8・10席)という少し珍しい造りです。

この店の「塩ラーメン」(700円、以下全て税込)、鶏ガラだけで丁寧に仕込んだスープは“説明通り”見事に澄んでいます
麺は札幌ラーメンらしい“黄色い中太縮れ麺”。チャーシューにメンマ、ネギに赤いナルトというシンプルなルックスです。

澄んだスープの「塩ラーメン」

澄んだスープの「塩ラーメン」

スープを口に運んでみれば、クセの全くない鶏出汁と塩のバランスが広がり“麺の旨さ”もよくわかります
トッピングもその味の邪魔をせず、チャーシューも昔ながらの噛みごたえある薄味の作り。全体のバランスも良く、「塩ラーメン」としての完成度は札幌でも間違いなくトップクラスのものです。

札幌らしい「黄色い中太縮れ麺」

札幌らしい「黄色い中太縮れ麺」

もちろん札幌のラーメン店らしく「味噌」「醤油」もあるので、その日の気分で選んでみては?
特に味噌はあっさり系の「味噌ラーメン」(700円)に加えて辛味噌味の「特製味噌ラーメン」が用意され、“鶏がら100%”スープへのこだわり(ベースはあくまで“あっさり”)を感じさせます。

なみなみ盛ってくれる「ミニカレー」

なみなみ盛ってくれる「ミニカレー」

セットメニューもあります。「ラーメン・ミニカレーセット」(1,000円)は、少し辛口のカレーが小さめの器になみなみと盛られた見た目がとてもユニーク。
あっさりしたラーメンを味わい、さらに小腹を満たすにはちょうど良い味と量のカレーライスになっています。

近年、「塩」ラーメンでも脂を多めに使ったものや、コクを優先するためかスープの色も濃いものが増えていますが、ここ「北乃ラーメン」は“真に澄んだ塩味のスープ”を味わうことができる貴重な店といえるでしょう。

北乃ラーメン
“澄んだスープ”にこだわるラーメン

その他の写真

店データ

店名
北乃ラーメン
住所
札幌市中央区北7条西18丁目4-21
電話番号
011-622-7572
営業時間
11:00〜20:00
定休日
日曜日・祝日
アクセス
地下鉄東西線西18丁目駅 徒歩15分、JR桑園駅 徒歩8分
予算
〜1,000円

おすすめメニュー

  • 塩ラーメン:700円(税込)
  • 醤油ラーメン:700円
  • 味噌ラーメン:700円
  • 特製味噌ラーメン:850円
  • ねぎもやしラーメン:800円
  • ラーメン・ミニカレーセット:1,000円