米風亭

名物「油そば」と世界のビール

米風亭

札幌は“ラーメンの街”。定番の「味噌」をはじめ、いろいろな種類のラーメンが食べられます。
最近では「汁なし坦々麺」や名古屋系「台湾まぜそば」、そして「油そば」などの「汁なし麺」を出す店も増えてきましたが、その中でも 札幌で「油そば」といえば必ず名の上がる店が「米風亭(べいふうてい)」です。

アメリカ風のウッディーな造り

アメリカ風のウッディーな造り

メディアで人気地元芸能人がこの店を紹介することも度々、その知名度も上がりました。しかし元々は創業30年を超える老舗のビアホールでラーメン店ではありません。店内もアメリカンテイストを感じさせるパブ風の造りです。

ランチタイムに始まり深夜(翌2:00)まで営業しているので、昼食やすすきのでの宴会後の“締め”に寄るファンが多いことでも知られます。

名物の「油そば」

名物の「油そば」

そのランチや締めの一品として人気を集めるのが「油そば」(780円、以下全て税込)。
店内を見渡せば、実際にほとんどのお客さんが注文しています。

この店のオーナーが“油そば発祥の店”(※)とされる東京武蔵境の「珍々亭」にインスパイア(近隣の学生だった)されてオリジナルの油そばを開発、メニューに入れたとのこと。

特製ダレ・油を麺に混ぜていただきます

特製ダレ・油を麺に混ぜていただきます

油そば独特の出汁の効いた醤油ダレを(札幌を代表する「西山製麺」の)特製麺に絡めていただきますが、まろやかながら深いコクと旨味があり、麺のプリプリ感とのコラボが見事。さらにビールを飲みながら食べてみると、これがその“おつまみ”としてよく合うことに驚きます。

「ギネス」にもぴったり

「ギネス」にもぴったり

醤油ダレが具材のチャーシューやメンマ、(味付け)うずらの卵などにコクを加え、深みのある味わいの「ギネス」などにもピッタリです。
さらに「油そば」に添えられる「ラー油」と「酢」を追加していくと、味の変化も楽しめます。

「油そば」があまりに有名になってしまいましたが、「米風亭」は世界各国のビール、クラフトビールを味わえるビアホールとしても秀逸です。
「樽生」なら(アイルランドの)「ギネス」をはじめ、ベルギーの「ヒューガルデンホワイト」やデンマークの「カールスバーグ」アメリカの「ブルームーン」などもあります。

「ヒューガルデンホワイト」はオリジナルグラスで

「ヒューガルデンホワイト」はオリジナルグラスで

「ヒューガルデンホワイト」は、手の熱がビールに伝わらないように肉厚に作られた専用のグラスで提供してくれます。
その他国産のクラフトビールやドイツ・イタリア・スペイン、さらにはメキシコやベトナムなど各国のビールが勢揃いです。

料理では、本場ドイツのビヤホールの定番として知られる「カスラー」(980円)がおすすめ。
ロースハムに豊潤な薫香と旨味を加えたようなビールには絶好の相性となる一品で、これををつまみながらビールを飲んでみれば、まさに本場ビヤホールの醍醐味を楽しめることでしょう。

※「油そば」の発祥には諸説あります。

米風亭
名物「油そば」と世界のビール

店データ

店名
米風亭 Webサイト
住所
札幌市中央区南3条西1丁目2-4 和田ビル1F
電話番号
011-271-7397
営業時間
11:00〜翌2:00(L.O.1:30)
定休日
年末年始
アクセス
地下鉄南北線すすきの駅 徒歩5分
予算
2〜3,000円

おすすめメニュー

  • 油そば:780円、大盛り930円、特盛り1,080円(税込)
  • 黒ゴマ辛口油そば:820円、大盛り980円、特盛り1,150円
  • カスラー:980円
  • ヒューガルデンホワイト:980円、1/2パイント620円
  • ギネス:980円、1/2パイント620円
  • ブルームーン:980円、1/2パイント620円