お食事処 菊水

場外市場の定食ならここ

お食事処 菊水

札幌の観光スポットともなっている「札幌中央卸売市場場外市場」。ここには市場ならではの海鮮料理を味わえる店が目白押しです。
特に見た目も映える「海鮮丼」はその代表ともいえる料理ですが、今回は「焼き魚」を定食で食べられるおすすめ店をご紹介します。

カウンターの上に手書きのメニュー

カウンターの上に手書きのメニュー

その店は「お食事処 菊水」。
店内はカウンターにテーブルが4卓、昼時には満員になってしまう人気店です。
人気の理由は「定食」。特に“焼き魚”の定食はプロの利用も多いこの場所でも、一際高い評価を受けています。

メイン(の魚)に盛りの良いご飯、味噌汁、小鉢が2つに漬物という充実の内容で、北海道の焼き魚を代表する「ほっけ」(定食900円、以下全て税込)や「にしん」(900円)などはそのサイズに驚くことでしょう。もちろんその脂の乗りも “市場クオリティ” です。

「にしん開き定食」

「にしん開き定食」

さらに「ハラス焼定食」(850円)は質の良い鮭の “腹身” なので、表面がカリっとなるほど脂が乗って、中はふっくらとした焼き上がり。そして、このハラスの「皮」を食べてみれば、その旨味が他の店との違うことがはっきりとわかります。
「ぎんだら定食」(900円)も人気で、盛りのよいご飯が足りなくなるほど、よく合う味付けになっています。

ご飯に合う「ぎんだら」

ご飯に合う「ぎんだら」

「日替定食」(700円)のチェックも外せません。
2〜3種類(主に焼き魚)からメインを選べますが、「ほっけみそ漬け」があったら一度注文してみてください。味噌の風味が独特の味わいとなって、これもご飯にマッチします。定番ものとは “ひと味違う” 定食はいかがでしょうか。

トッピングの「いくら」

トッピングの「いくら」

トッピング的に使える「単品」も用意されており、中でも「いくら」(800円)はおすすめ。ご飯の盛りが良いので、少し残したご飯で「ミニいくら丼」を作ってみるのもこの店ならではの楽しみです。

ご飯に乗せて「ミニいくら丼」

ご飯に乗せて「ミニいくら丼」

焼き魚が人気の店ではありますが、もちろん各種の海鮮丼も用意されています。
どちらかといえば観光客の注文が多いメニューですが、姉妹店が寿司店なのでネタの良さはお墨付きです。

※下記参照サイト(場外市場)は、メニューが旧価格なのでご注意ください(当記事公開時点)。

お食事処 菊水
場外市場の定食ならここ

その他の写真

店データ

店名
お食事処 菊水 ホームページ
住所
札幌市中央区北11条西22丁目1-1
電話番号
011-622-2533
営業時間
7:30〜14:30(日・祝日は〜14:00)
定休日
不定休
アクセス
地下鉄東西線二十四軒駅 徒歩8分
予算
〜1,000円

おすすめメニュー

  • ハラス焼定食:850円(税込)
  • ぎんだら定食:900円
  • 日替定食:700円
  • ほっけ開定食:900円
  • にしん開定食:900円
  • いくら(単品):800円

詳しくはこちら