とりきん

室蘭やきとりに銘酒揃えで人気の店

とりきん

北海道のご当地焼き鳥として知られる「室蘭やきとり」
養豚業が盛んだった室蘭ならではの串焼きで、豚の精肉と玉ねぎをタレで焼き、洋がらしをつけて食べる室蘭独特のもの。

そうです。室蘭やきとりといえば「豚」
ほとんど店で鶏肉の串も用意されてはいますが、豚串が無ければ「室蘭やきとり」は名乗れません。

札幌の中心部から少し離れた北34条駅近くにある「とりきん」は、室蘭やきとり発祥の地とされる室蘭市の輪西で創業80年を超える老舗の札幌店
本店の長男が焼き手としてその腕をふるっています(串物は150円税込〜)。

絶妙な焼き加減の「とり皮」と「とり精肉」

絶妙な焼き加減の「とり皮」と「とり精肉」

その焼きの技術を端的に示しているのが「とり皮」
周りをカリッと焼きながら、身は柔らかさを保ったジューシーな仕上がりです。
最初の一串として、その塩焼きを注文することをおすすめします。

続いて、室蘭やきとりといえば「豚精肉」は外せません。
とりきんの80年以上引き継がれ、熟成されてきた秘伝のタレ。その味がしっかりと感じられる一串です。
ベタベタで甘いタレも多い中、この店のタレは醤油の旨みが残る比較的サラリとしたもので、肉の味を引き立ててくれます。

定番の「豚精肉」に「とりレバー」「とりハツ」(右から)

定番の「豚精肉」に「とりレバー」「とりハツ」(右から)

その後は辛子みそで食べる「キャベツ」(300円)を相の手に、「とりレバー」「とりハツ」などの定番ものをいただきましょう。
さらに「親鳥串」や「とり首小肉」などがあればラッキー(希少です)なので、ぜひ注文してみてください。

これも人気の「つくね」

これも人気の「つくね」

つくねも室蘭以来伝統の人気メニューで、通常の「つくね」に「梅じそつくね」、そして「納豆つくね」があります。この店の肉質の良さを感じられる一品です。

名物の「もつ煮込み」(480円)はもつをじっくり煮込んで、余計な具材を入れていないため、「もつ」そのものの深みのある味の良さを感じさせてくれます。

名物「もつ煮込み」

名物「もつ煮込み」

マスターは室蘭店主人のお兄さん。札幌店の焼き手の伯父に当たります。
日本酒に造詣が深く、厳選した銘柄を多数揃えています(650円〜)。
おそらく札幌の焼き鳥店でその品揃えはトップクラスでしょう。

特に人気の「十四代」や「而金」をはじめ、静岡の「磯自慢」、福島の「飛露喜」、佐賀の「鍋島」など、全国の銘酒が大きな冷蔵庫にギッシリと詰まっています。

日本酒はなみなみと

日本酒はなみなみと

これを升に入れたコップになみなみと注いでくれます。注文に迷ったら、マスターに好みを伝えて選んでもらうのがおすすめです。

「とりきん」は毎晩日本酒好きが集まって、焼き鳥を食べながら銘酒を味わう
そんな雰囲気が魅力の焼き鳥店で、カウンターでの一人飲みがよく似合う店でもあります。

とりきん
室蘭やきとりに銘酒揃えで人気の店

店データ

店名
とりきん ホームページ
住所
札幌市北区北32条西3丁目2-13-102
電話番号
011-756-8510
営業時間
17:30〜23:00(L.O.22:30)
定休日
日曜日・祝日
アクセス
地下鉄南北線北34条駅 四番出口すぐ横
予算
4〜5,000円

おすすめメニュー

  • とり皮:150円(税込)
  • 豚精肉:150円
  • とりレバー:150円
  • つくね:150円
  • もつ煮込み:480円
  • 日本酒各種:650円〜