味の三平

札幌味噌ラーメンの元祖

味の三平

札幌といえばラーメン、中でも「味噌ラーメン」はその代表的なメニューとなっています。
その元祖として知られる店は、誰もが一度は耳にしたことのあるほどの有名店「味の三平」。昭和25年(1950年)に屋台から店を構えた創業者が、“味噌汁” にヒントを得て生み出したとされています。

その後、開業当時からのパートナーである「西山製麺」とともに開発した味噌ラーメン用の多加水で黄色い中太縮れ麺は、現在でも札幌ラーメンにおける主流の麺になっています。

大型文具店内にあります

大型文具店内にあります

昭和43年(1968年)に現在の大丸セントラルビルの4階に移転し現在に至りますが、“大型文具店の中” というラーメン店としては珍しいロケーションです。

昼時は店の外まで行列ができています。店内は横一列のカウンターのみですが、待合の椅子もあって常に何人かが座っている混雑ぶり。ただ、待っている間に注文を聞いてくれるので、カウンターに座れば程なくしてラーメンが出てきます。

元祖「味噌ラーメン」

元祖「味噌ラーメン」

この “元祖” とされる「みそラーメン」(900円、以下全て税込)、食べてみると意外にあっさりしていることに驚くでしょう。創業者が “味噌汁にヒントを得た” とのことで、なるほどそれが理解できる味です。

注文を受けると、まず中華鍋で挽肉・タマネギ・長ネギ・モヤシ・キャベツ・ニンニクを炒め、そこにスープを加えて煮立てます。丼には味噌ダレ。そこに熱々のスープだけを加え、茹でた麺を入れたら、最後に炒めた具材にメンマと三つ葉を乗せて出来上がり。

この “野菜炒めを加えるような” 味噌ラーメンの作り方も、その後の多くのラーメン店に影響を与えたとされています。
麺をひっくり返すようにスープと混ぜるて食べるのがおすすめ。麺と(最初少し薄く感じた)スープがよく絡んで、しっかりコクも感じるようになるからです。

味噌ラーメンで有名な味の三平ですが、メニューは味噌だけではありません。
「正油」に「しお」、辛い味が好みなら辛味噌の「からい鉄火麺」(各900円)も用意され(カウンターにも辛味噌は置いてあります)、ボリュームを求めるなら「チャーシューメン」や「ワンタンメン」(各1,150円)もあります。

サイドメニューの「シューマイ」

サイドメニューの「シューマイ」

サイドメニューは少ないながら「シューマイ」(1個60円)は人気の一品。ソースをかけて洋風にいただくのがおすすめです(お店でもソースを勧めています)。

店員さんは混んでいても常にカウンターに目を配っており、水のおかわりを聞いてくれるなど、その接客は “さすが名店” と感じさせてくれます。
札幌に来たなら、ぜひ「味の三平」の “元祖” 味噌ラーメンを味わって、その伝統と歴史を感じてみてはいかがでしょうか。

※ 店内と公式ホームページでのメニュー名・表記が異なりますが、文中では店内のものを採用しています。

味の三平
札幌味噌ラーメンの元祖

店データ

店名
味の三平 ホームページ
住所
札幌市中央区南1条西3丁目2 大丸セントラル 4F
電話番号
011-231-0377
営業時間
11:00~18:30
定休日
月曜・第二火曜日(不定休)
アクセス
地下鉄大通駅 徒歩5分
予算
〜1,000円

おすすめメニュー

  • みそラーメン:900円(税込)
  • 正油ラーメン:900円
  • しおラーメン:900円
  • からい鉄火麺:900円
  • ワンタンメン(しょうゆ):1,150円
  • シューマイ:1個60円

詳しくはこちら