らーめん山頭火札幌北1条チカホ店

居酒屋使いできる山頭火はここだけ

らーめん山頭火札幌北1条チカホ店

※北1条チカホ店は6/8(月)から月〜金11:30〜15:30、17:30〜22:00(L.O.21:30)土曜には11:30〜15:00(L.O.14:30)にて営業再開しています。

「らーめん山頭火(さんとうか)」といえば誰もが知る旭川ラーメンの名店。北海道旭川を本店に東北・関東、そして沖縄まで全国14店舗(2019年11月時点、海外は40店以上)を展開しています。

その中で「札幌北1条チカホ店」を取り上げるのは、この店が山頭火グループの中で唯一 “居酒屋使い” のできる店舗だからで、今回は居酒屋としてのご紹介です。

「居酒屋使い」のできる山頭火

「居酒屋使い」のできる山頭火

札幌の地下歩行空間(チ・カ・ホ)直結のビル「ノースプラザ」地下一階なので、札幌駅や大通駅から雨や雪を気にせずにアクセスできます。

営業形態は他店と変わらないラーメン店、しかし独自の居酒屋メニューが特徴で、「5時から山頭火呑み」と書かれた品書きには居酒屋としての魅力がいっぱいです。

「得飲みセット」(1,000円、以下全て税込)は、ドリンク2杯におつまみ三種盛りという、その名の通りのお得なセット。同じく「ちょい呑みセット」(1,300円)は、ドリンク1杯とおつまみ三種盛り、あがりの小ラーメン付きと、お得な上に山頭火らしさも楽しめます。

下町呑みの定番「ホッピー」

下町呑みの定番「ホッピー」

さらに何といっても酒呑みを刺激するのが「下町のみ」と銘打って、定番「キンミヤ」のホッピーが用意されていること。
この店の「飲み放題」(120分1,400円)にはホッピーも含まれるので、これまた “お得感” のあるドリンクメニューになっています。

懐かしい「赤ウインナー」

懐かしい「赤ウインナー」

おつまみのメニューには「昭和の赤ウインナー炒め」(310円)・「ハムエッグ」(390円)・「ガリサバ」(390円)などの酒場の定番つまみが並びます。これを見れば、居酒屋好きならきっと気持ちが浮き立ってくることでしょう。

ちょい飲みの定番「ハムエッグ」

ちょい飲みの定番「ハムエッグ」

その他、ボリュームたっぷりな「まぐろカツ」(540円)、「シュウマイ」(490円)や「サクとろ揚げワンタン」(390円)なども揃うので、飲み放題や単品ドリンクと組み合わせて自分好みの「晩酌コース」を作ることもできます。

本格的な「シュウマイ」も味わえます

本格的な「シュウマイ」も味わえます

「らーめん山頭火 札幌北1条チカホ店」では高コスパの居酒屋として楽しんで、最後は山頭火のラーメンで締められる。
居酒屋好きな山頭火ファンにとっては夢のような一軒です。

※「らーめん山頭火 札幌北1条チカホ店」は今回、「居酒屋・和食」カテゴリーにてご紹介しました。

らーめん山頭火札幌北1条チカホ店
居酒屋使いできる山頭火はここだけ

店データ

店名
らーめん山頭火札幌北1条チカホ店 ホームページ
住所
札幌市中央区北1条西4丁目2-2 ノースプラザ B1F
電話番号
011-211-1882
営業時間
11:30〜21:30(L.O.21:00、土・祝日は〜15:00)居酒屋メニューは17:00〜
定休日
日曜日
アクセス
地下鉄大通駅 徒歩3分
予算
2〜3,000円

おすすめメニュー

  • 赤ウインナー:310円(税込)
  • ハムエッグ:390円
  • ガリサバ:390円
  • まぐろカツ:590円
  • シュウマイ:540円
  • 得飲みセット:1,000円