こつまみ酒場chiko(チコ)

蕎麦猪口で“こつまみ”を楽しむ

こつまみ酒場chiko(チコ)

※「こつまみ酒場chiko」当面の営業時間は15:00〜23:00となります。

札幌で一人飲み、「さてどこへ行こうか?」
そう考えたとき、頭に浮かぶようになればとても便利な店が「こつまみ酒場chiko(チコ)」です。

すすきの交差点から東へ5分ほど。創成川を越えたすぐ先、札幌の人気スポット「創成川イースト」の南端に位置する場所になります。

昭和の雰囲気漂う店内

昭和の雰囲気漂う店内

古い一軒家を改築した店内は、ほどよい“昭和感”を残した趣。厨房を囲むカウンターは屋台のような雰囲気もあり、一人飲みには最適な造りです。
カウンターの内側にはサッポロビールの瓶「赤星」が氷で冷やされています。

氷で冷やされた「赤星」

氷で冷やされた「赤星」

この店の特徴は、おばんざい系のおつまみが充実しており、“蕎麦猪口(そばちょこ)”で提供していること(「蕎麦ちょこおかず」全品400円)。
それを数品(“お通し”も出ます)つまんで、軽くお酒を楽しむ。まずはこれが定番のスタイルです。
さらに、食事をしたいならプラス200円で「ごはん・みそ汁」を付けた好みの定食が作れます。

おつまみは蕎麦猪口で

おつまみは蕎麦猪口で

メニューは“その日の店主の気分で自由気まま”に入れ替わるのもこの店らしさで、お客さんの要望を取り入れた料理などが登場することもあります。

「こつまみ」いろいろ

「こつまみ」いろいろ

最近(2020年6月)の「蕎麦ちょこおかず」メニューでは「ほたての子と厚揚ごま煮」や「なす煮びたし」(上写真)、「かぼちゃサラダ」に「フルーツトマトマリネ」(下写真)など。
これらは“おまかせ”なら「こつまみ3種盛」(1,000円)や同「5種盛」(1,500円)で、お得にいただくこともできます。

「フルーツトマトマリネ」

「フルーツトマトマリネ」

その他「コロコロ替るおすすめ」メニューとしてオリジナルの「うどん」や「そうめん」、「鯖寿司」などが用意される日も。

本日のおすすめから「長芋からあげたらこマヨ」

本日のおすすめから「長芋からあげたらこマヨ」

「あると食べたいかも…になるやつ」メニューには、定番系の「ハムカツ」「ちくわ天」「ザンギ」「しゅうまい」などが並びます(300円〜)。

これらのおつまみに合う日本酒も全国各地の厳選銘柄をそろえています。知名度より“酒通好み”の銘柄が中心なので、注文に迷ったら好みを伝えれば日本酒に詳しい女将が選んでくれます

日本酒もいろいろあります

日本酒もいろいろあります

「こつまみ酒場chiko」は気軽に入れてチョイ飲みもよし、オリジナル定食で晩ご飯にするもよし、楽しみ方いろいろの便利な一軒です。

なお、くれぐれもメニューの変更がある(店の特徴でもあります)ことをご承知おきください。

こつまみ酒場chiko(チコ)
蕎麦猪口で“こつまみ”を楽しむ

その他の写真

店データ

店名
こつまみ酒場chiko(チコ) ホームページ
住所
札幌市中央区南4条東2丁目
電話番号
050-3418-0272
営業時間
17:00〜24:00(※)
定休日
月曜日(不定休あり)
アクセス
地下鉄線南北線すすきの駅 徒歩5分
予算
2〜3,000円

おすすめメニュー

  • 蕎麦ちょこおかず:全品400円
  • コロコロ替るおすすめ:400円程度〜
  • あると食べたいかも…になるやつ:300円〜
  • ごはん・みそ汁:200円
  • サッポロビール赤星:750円
  • 日本酒各種:650円〜