狼スープ

札幌を代表する“味噌ラーメン専門店”

狼スープ

札幌といえばラーメン。それも “味噌ラーメン” がご当地ラーメンとされています。
しかし、ほとんどのラーメン店では醤油(正油)や塩味のラーメンも用意されており、味噌ラーメンの老舗や有名店でも同様なのです。

味噌らーめんの「専門店」です

味噌らーめんの「専門店」です

そんな中で味噌ラーメン一本にメニューを絞った “専門店” もあります。今回はその代表といえる店「狼スープ」をご紹介しましょう。

場所は地下鉄南北線の中島公園駅から徒歩5分ほど、札幌大通やすすきの中心部からは少し離れていますが、連日多くのファンが押しかける人気のラーメン店です。

夜営業もあり(17:00〜)

夜営業もあり(17:00〜)

ご主人は名店「すみれ」での修行の後にこの店を開店、札幌味噌ラーメンの王道ともいえる「純すみ系」ということになります。

店内はカウンター5席にテーブルが3卓、全部で15名ほどの収容です。卓上には味変用の酢と一味が置かれています。

味変は「一味・酢」で

味変は「一味・酢」で

品書きはライスなどを除くと「味噌らーめん」(税込850円)と卵入りの「味噌卵らーめん」(1,000円)のみというまさに “専門店”。味噌ラーメン一本に絞ることで、その完成度を上げるというコンセプトでしょう。

こだわりの「味噌らーめん」(写真は「味噌卵らーめん」)

こだわりの「味噌らーめん」(写真は「味噌卵らーめん」)

その分、食材は全国から厳選して取り寄せています。

コク深い「味噌スープ」

コク深い「味噌スープ」

まずは味の決め手でもある「味噌」
信州山万味噌の発芽玄米味噌と白味噌をブレンドして、コク深いスープを作っています。

特製の専用「縮れ麺」

特製の専用「縮れ麺」

次に「麺」。札幌ラーメンの定番ともいえる西山製麺と共同開発した「狼スープ専用麺」で、道産小麦によるコシの強いスープによく絡む縮れ麺です。

北海道産生バラ肉を使ったチャーシューは柔らかく煮込まれ、口の中でとろけます。

とろける柔らかさの「チャーシュー」

とろける柔らかさの「チャーシュー」

純すみ系の味噌ラーメンで特徴的な生姜
この店でも生姜を上手に使い、味にアクセントを加えていますが、辛味成分が多く体を温める効果の強い高知産「黄金生姜」にこだわります。

こだわりの「半熟卵」

こだわりの「半熟卵」

ニンニクは美唄市の牧野農園直送のもので、スープにコクを出し栄養価増強にも貢献します。
「卵」は深川増田農場の平飼い卵を使用、まろやかな甘味が特徴です。なお、この卵を使った「卵かけごはん」(250円)もサイドメニューで用意されています。

後半はジャガイモの「とろみ」が印象的

後半はジャガイモの「とろみ」が印象的

そして狼スープの大きな特徴と言えるのが「ジャガイモ」。まさに北海道らしい食材ですが、ラーメンに使うケースはまず聞きません。この店では指定農場から「北あかり」を仕入れて、スープにコクと甘み、そして独特の“とろみ”を出しています。

野菜も中央に山盛りされたネギにモヤシ・玉ネギに加え、札幌の味噌ラーメンには珍しいキャベツなどたっぷり乗っています。

「野菜」もたっぷり!

「野菜」もたっぷり!

ここまで食材にこだわるラーメン店も珍しく、その結果が「狼スープの味噌らーめん」として見事に昇華されているのです。

札幌で一大勢力なっている「純すみ系」ですが、この店が旗頭の一軒であることは間違いありません。近年ではその人気ゆえカップ麺としても発売されるほど。コンビニでも販売されているので、見かけたら一度試してみてはいかがでしょうか。

なお、定休日・営業時間公式ブログで毎月案内されるので、念のため確認することをおすすめします。

1
2
3
4
5
口コミを投稿する

レビューを投稿する

平均評価:  
 0 レビュー
狼スープ
札幌を代表する“味噌ラーメン専門店”

その他の写真

店データ

店名
狼スープ Webサイト
住所
札幌市中央区南11条西1丁目5-1
電話番号
011-511-8339
営業時間
11:00〜15:00、17:00〜19:00
定休日
水曜日・火曜日不定休
アクセス
地下鉄中島公園駅 徒歩5分
予算
〜1,000円

おすすめメニュー

  • 味噌らーめん:850円(税込)
  • 味噌卵らーめん:1,000円
  • 大盛り:150円
  • 半麺:150円引き
  • 卵かけごはん:250円
  • ライス:150円(半ライス:100円)

口コミ

1
2
3
4
5
口コミを投稿する

レビューを投稿する

平均評価:  
 0 レビュー