麺屋 雪風

本店はすすきのトップクラスの人気店

麺屋 雪風

すすきので飲んだ後、「ラーメン食べて帰ろう!」というときに選択肢として上がる代表的な店が「麺屋雪風(めんやゆきかぜ)」です。
すすきのの南地区にある本店には深夜でも行列ができるほど。店内はカウンターのみ13席、店内に飾られる有名人のサインからもその人気のほどが窺えます。

暖簾には「すすきの交差点」が描かれています

暖簾には「すすきの交差点」が描かれています

メニューはシンプルで、「濃厚味噌らーめん」(850円、以下全て税込)、「辛味噌らーめん」(900円)に「鶏がら汐らーめん」(850円)の3種類。

看板メニューの「濃厚味噌ラーメン」

看板メニューの「濃厚味噌ラーメン」

札幌ならではの“味噌”は、厳選した3種類をブレンドしているとのこと。
札幌で多い“白味噌”系にこの店では“赤味噌”系も多めに加えているのか、独特のコクを感じさせる味作りになっています。「濃厚」と謳いながら「まろやかさ」も感じさせるのは、豚骨に鶏や魚の出汁が上手くバランスを取っているからでしょう。

まさに札幌ラーメン!という“プリプリ麺”

まさに札幌ラーメン!という“プリプリ麺”

麺は札幌ラーメンの“顔”ともいえる「西山製麺」の中太縮れ麺。具には箸で簡単に切れるほど柔らかく煮込まれた豚チャーシューにネギ(白髪ネギも)、その下に隠れて鶏チャーシュー。半切りの味玉とメンマにキクラゲも。この大きめのキクラゲがプリプリの麺と相まって、このラーメンを特徴づけるアクセントにもなっています。

柔らかなチャーシュー(写真は箸で切ったもの)

柔らかなチャーシュー(写真は箸で切ったもの)

面白いのは「具なしらーめん」(600円)というメニューがあること。
主な具が入らずネギだけのラーメンですが、飲んだ後の「締めラー」にちょうど良いであろう、まさに“すすきのらしい”一品といえます。

サイドメニューはライスと各種トッピングを除けば「手作り焼餃子」(6個400円・ハーフ2個200円)のみ、ラーメンに力を注いでいることが窺えます。

「麺屋雪風」は現在、感染拡大防止のため、営業時間を変更(下記店データ参照)していますのでご注意ください。

麺屋 雪風
本店はすすきのトップクラスの人気店

その他の写真

店データ

店名
麺屋 雪風 すすきの店 ホームページ
住所
札幌市中央区南7条西4丁目2-6 LC拾壱番館 1F
電話番号
011-512-3022
営業時間
12:00〜14:00、19:00〜翌3:00(L.O.2:45)
定休日
日曜日(月曜日祝日の場合営業、翌月曜休)
アクセス
地下鉄南北線すすきの駅 徒歩8分
予算
〜1,000円

おすすめメニュー

  • 濃厚味噌らーめん:850円(税込)
  • 辛味噌らーめん:900円
  • 鶏がら汐らーめん:850円
  • 具なしらーめん:600円
  • 手作り焼餃子:6個400円(ハーフ3個200円)

詳しくはこちら