そば切り 膳

ランチも蕎麦前も楽しめる手打ちそば店

そば切り 膳

ランチにはご飯もしっかり、夜は蕎麦前も楽しみたい」。そんな時におすすめの蕎麦店が「そば切り 膳(ぜん)」です。

場所は札幌中心部から少し西に向かった19丁目。地下鉄なら東西線西18丁目駅の1番出口を出れば、道路を挟んで店が見えています。

カウンターに大小テーブルの店内

カウンターに大小テーブルの店内

店内はカウンター4席に4人がけのテーブルが2卓、5〜6人が座れる大きめのテーブルが1卓と決して広くはありませんが、落ち着いた雰囲気で食事やお酒を楽しむことができます。
ご夫婦で営業されており、ご主人がそば、奥さんが天ぷらなどを担当しています。

ベストセラー「えび天丼とそば」のランチ

ベストセラー「えび天丼とそば」のランチ

ランチは数量限定で、ボリューム十分の「えび天丼とそば」(1,000円、以下全て税込)と「牛丼とおそばのセット」(900円)が用意されます。
天丼はカラッと揚げた大きめのえび天に、なす・かぼちゃ・のり・レンコンなどの野菜天を立体的に盛り付けてあります。サクサク系の天ぷらが好きな方には “一食の価値あり” といえる天丼です。

手打ちの「せいろそば」

手打ちの「せいろそば」

「そば」は手打ちで気取りのない食べやすいタイプ。つゆは甘辛のバランスが良く、そば湯で割ると出汁の味が浮き出るのは、丁寧な作りの証明でしょう(温かいそばも選べます)。

夜はお酒も楽しめます

夜はお酒も楽しめます

夜の訪問なら「夜そばセット」(2,000円)がおすすめ。
ビール・蕎麦焼酎・日本酒のいずれか一杯に、酒肴3点盛り、天ぷらの盛り合わせとそばがセットになっています。

おすすめの「ちくわ天」

おすすめの「ちくわ天」

その他にもおつまみは、定番の「板わさ」(400円)や「焼き味噌」(500円)、「トロしめ鯖」(700円)など20種類以上が並びます。
天ぷら自慢の店ならではの「ちくわ天」(400円)は、ビールにも日本酒にもよく合う一品として人気です。

日本酒も揃っています

日本酒も揃っています

日本酒は、常在するのが「北の活 鳳凰(北海道)」「羽根屋(富山 純米吟醸)」「獺祭50(山口 純米大吟醸)」「美酒の設計(秋田 純米吟醸)」「大信州 手いっぱい(長野 純米大吟醸)」。
その他、季節ごとに全国各地の飲みごろ銘酒を厳選しています。

昼はお腹を満たすランチ、夜には蕎麦前が楽しめる居酒屋。そんな楽しみ方が、ここ「そば切り 膳」ではおすすめです。

そば切り 膳
ランチも蕎麦前も楽しめる手打ちそば店

その他の写真

店データ

店名
そば切り 膳
住所
札幌市中央区大通西19丁目1-17
電話番号
011-631-8863
営業時間
11:30〜14:30、17:00〜20:40(L.O.)
定休日
月曜日(祝日営業)
アクセス
地下鉄東西線西18丁目駅1番出口向かい
予算
1〜2,000円

おすすめメニュー

  • えび天丼とそば:1,000円(税込)
  • せいろそば:700円
  • 鍋焼きうどん:1,000円
  • 夜そばセット:2,000円
  • ちくわ天:400円
  • 日本酒各種:600円〜