牛かつ いち華

札幌で「60秒揚げ」の牛かつが食べられる

牛かつ いち華

東京などでは近年、牛かつブームともいえるほど老舗の名店から新進の店、さらには関西から進出してきた人気店などが割拠しその味を競っています。
一方、ここ札幌では「牛かつ」を食べられる店はまだまだ少ない状況といえるでしょう。

しかし数少ない中にもおすすめの一軒があります。「牛かつ いち華(いちはな)」です。
地下鉄南北線の終点である麻生駅から歩いて5分ほど。札幌中心部からは少し離れた場所にも関わらず、連日賑わう人気店になっています。

店の入り口には「当店の牛肉はすべて道内産を使用し、揚げ時間60秒のミディアムレアで提供しています」とあります。そうです、「60秒揚げ」がこの店の売りなのです。

60秒揚げの「牛かつ」

60秒揚げの「牛かつ」

メニューには「定食」と「一品」があります。
スタンダードは「牛かつ定食」(1,350円、以下全て税込 ※)。道産の生肉を60秒揚げした牛かつに小鉢、味噌汁、漬物、薬味が付いています。

3種が入る仕切り皿には山わさびと漬物が入っており、空いた一つには岩塩を入れて薬味にします。薬味は「本わさび・和風タルタルソース」(各150円)、「おろしポン酢」(100円)も追加注文が可能です。

60秒で揚げられた牛肉はミディアムよりもレア寄りに仕上がり、肉の旨みが活きているので、各種の薬味でそれぞれに味わうことができます。

牛肉のグレードを上げた「牛フィレかつ定食」(3,600円)や「シャトーブリアン定食」(4,300円)もあり、ちょっと贅沢したい時におすすめです。その他人気メニューの「メンチかつ」をメインにした定食(1,100円)もあります。

「牛かつ定食」は(小)1,100円・(大)2,850円もあるので、その日の食欲に合わせてサイズを選んだり(小)とその他のメニューを組み合わせたりするのもよいでしょう。

おすすめの「牛しぐれ煮」

おすすめの「牛しぐれ煮」

一品メニューでは「メンチかつ」(350円)をはじめ、「牛かつ」(850円)も単品で頼めるので、お酒のおつまみとしても楽しむことができます。特に「牛しぐれ煮」(450円)は牛肉の旨みがたっぷり、おすすめの一品です。

お酒も生ビールに瓶ビール、日本酒(増毛の「国稀」など)・ワイン・ウイスキーと一通り揃っており、牛かつやサイドメニューをおつまみにした居酒屋使いもこの店の楽しみ方といえます。

「牛かつ いち華」は札幌中心部からは少し離れていますが、人気店なので確実に席を確保するなら予約しておいた方がよいでしょう(前日までの11:00〜20:30の間受付、当日不可)。

※ テイクアウトメニューあります。詳細はこちら

牛かつ いち華
札幌で「60秒揚げ」の牛かつが食べられる

その他の写真

店データ

店名
牛かつ いち華 Webサイト
住所
札幌市北区新琴似8条1丁目1-46
電話番号
011-726-2121
営業時間
11:00〜21:00
定休日
不定休
アクセス
地下鉄南北線麻生駅1番出口 徒歩5分、JR新琴似駅 徒歩3分
予算
1〜2,000円

おすすめメニュー

  • 牛かつ定食:1,350円(税込)小1,100円、大2,850円
  • 牛フィレかつ定食:3,600円
  • シャトーブリアン定食:4,300円
  • メンチカツ定食:1,100円
  • 単品メンチかつ:350円
  • 牛しぐれ煮:450円

詳しくはこちら