華龍

老舗で食べるワンコインラーメン!

華龍

JR桑園駅と地下鉄東西線西11丁目の中間くらい、北5条通り沿いにポツンと店を構えるラーメン店、それが「ラーメン 華龍(かりゅう)」です。
創業は昭和46年(1971年)という半世紀にわたる歴史を持つ老舗店であり、店を切り盛りするのは大ベテランの女性店主。お客さんに気軽に話しかける人懐っこいキャラクターで人気です。

北5条通りからはこの看板が見えます

北5条通りからはこの看板が見えます

決まり文句は「ウチ、初めて?」
それはラーメンに野菜を入れるかどうかの確認なのです。

きれいに磨かれたカウンター

きれいに磨かれたカウンター

この店の野菜はもやしが中心。札幌でラーメンにもやしが入るようになったのは「味噌ラーメン」の登場以降であり、それまでの札幌ラーメンといえば「醤油」味で、もやしは入っていませんでした。
すすきのでも同様の確認をする老舗ラーメン店があり、古くからの札幌ラーメン好きからは「もやしを抜いて欲しい」という要望があったからのようです。

定番の「みそラーメン」

定番の「みそラーメン」

この店が同じ理由かはともかく、野菜はもやしの他に玉ねぎ・白菜・人参・長ねぎなどがたっぷりと入っているので、野菜を入れるかを聞かれたならぜひ「お願いします」と答えましょう。

定番の「みそラーメン」はスープで煮たその野菜の上にチャーシューが乗っています。
麺は黄色く縮れた “the 札幌麺” で、この店のスープとの相性は言うまでもありません。

札幌らしい黄色の「縮れ麺」

札幌らしい黄色の「縮れ麺」

そのスープは野菜の旨味と味噌のコクがしっかり出たもの、まさにオーソドックスな札幌味噌ラーメンを味わうことができます。作り方はずっと変わっていないそうです。

コクのある「味噌スープ」

コクのある「味噌スープ」

驚くのは、これがなんとワンコイン!500円(税込)なのです。
数年前、値段が500円になった段階で「もう値上げはしない!」と決めて頑張っているとのこと(学生さんとの約束とか)。そんな心意気もこの店の人気を支えているのでしょう。

ご飯もしっかり盛られる「カレーライス」

ご飯もしっかり盛られる「カレーライス」

ラーメン以外のメニューがもう一方の名物でもある「カレーライス」(480円)。
これまたワンコイン以内で頑張っていますが、深皿にご飯をギュッと詰めて盛ってくれるので見た目以上のボリュームです。
カレールーは茶色っぽい家庭的なルックスのもので、福神漬けが添えられます。

「らっきょう」は好きなだけ

「らっきょう」は好きなだけ

らっきょうは(好みがあるからか)容器に入ったものをカウンターに置いてくれます。
このカレーライス、ラーメンと一緒に頼んでも千円札でお釣りが来ます。ただし量は多め(ご飯が詰まっている、肉もゴロゴロ)なので、両方注文する時はその点ご承知おきください。

家庭的な味が魅力です

家庭的な味が魅力です

ここ「華龍」のラーメンもカレーも懐かしさを感じさせる “お母さんの味”
お母さんとのお喋りを楽しみながら、そんなラーメンとカレーを味わってみてはいかがでしょうか。

華龍
老舗で食べるワンコインラーメン!

その他の写真

店データ

店名
ラーメン 華龍
住所
札幌市中央区北4条西14丁目1-2
電話番号
011-241-5613
営業時間
11:00〜22:00、月曜営業日は〜17:00
定休日
第1月曜日
アクセス
JR桑園駅 徒歩10分
予算
〜1,000円

おすすめメニュー

  • みそラーメン:500円(税込)
  • 正油ラーメン:500円
  • 塩ラーメン:500円
  • バターラーメン:500円
  • ラーメン大盛り:+80円
  • カレーライス:480円(大盛り550円)