酒とそば まるき

昼飲み推奨!札幌最古の蕎麦屋

酒とそば まるき

札幌で蕎麦屋酒を楽しむ。そんなときにおすすめの一軒が「酒とそば まるき」です。
札幌の繁華街狸小路の一角に店を構え、ビルの一階に一見和風喫茶のような店造り。しかしながらこの店、実は札幌で “一番古い蕎麦屋” なのです。

右はすぐに「狸小路」

右はすぐに「狸小路」

創業は明治22年(1889年)。以来、130年以上札幌の蕎麦文化と店の暖簾を守り続けています。
蕎麦屋とは元来食事所でありつつ “お酒を身近に楽しめる場所” でもあり、“種物の具などを使った酒肴で軽く飲み、蕎麦で仕上げる” という使われ方をされてきました。

今で言えば喫茶店でケーキとコーヒーなどを味わうようなものかもしれません。そう考えればこの店の喫茶店風の店構えも納得できる気がしてきます。

「昼酒セット」の三品盛り

「昼酒セット」の三品盛り

この蕎麦屋で酒を楽しむことを「蕎麦前」といい、江戸時代からの伝統的な食文化とされていますが、札幌でその蕎麦前なら “昼飲み推奨” を堂々謳うこの店を外すわけにはいきません。

それは「お昼のセットメニュー」の中に「昼酒セット」(税込1,680円)を載せていることでもわかります。

セットの「生ビール」

セットの「生ビール」

三品盛りの酒肴セットにお酒(生ビール、地酒、焼酎、ワインから)一杯、締めの小盛りそばがついています。まさにケーキセットでお茶を楽しむ気軽さです。

この日の三品盛りは「板わさ・豆腐・蕎麦団子の磯辺揚げ」。忙しい昼時に揚げたての酒肴を出してくれるこのこだわりに “思わず拍手!” でした。

忙しい昼時に揚げたてを出す“こだわり”

忙しい昼時に揚げたてを出す“こだわり”

その他、蕎麦前の定番「そばみそ」「板わさ」「玉子焼」、北海道独特の「かしわ抜き」なども用意され、まさに “昼飲み推奨” らしいラインアップになっています。

通常なら混雑を極めるランチタイムに蕎麦前のセットや各種の酒肴を提供していることに、この店の長い歴史と “蕎麦前文化” へのこだわりを感じます。

日本酒「まるき」を追加

日本酒「まるき」を追加

もちろん食事メニューとしてのそばやご飯ものも充実しています。「お昼のセットメニュー」には天丼や親子丼、本まぐろの鉄火丼などのセットが用意されています。

定番の「もり・かけ」(各680円)や「鴨」のそば、特に “鴨たたき” が添えられる「上鴨」のせいろや南蛮は特におすすめ。さらに夏の「すだち蕎麦」や秋の「舞茸せいろ」など “季節のおそば” も各種用意されています。

香り高い「もり」

香り高い「もり」

「もり」は細打ちの二八で、そばの香りとのど越しがしっかり楽しめるもの。さすが100年を超える老舗のそば!と感じます。

のど越しの良い「細打ち」

のど越しの良い「細打ち」

セットに付いている「炊き込みごはん」(単品もあり270円、小170円)も “これぞ蕎麦屋のごはん” と思わせる味付けです。

17時からは「夕食のセットメニュー」として「晩酌セット」(1850円、惣菜が5点になります)や昼同様のごはんものとのセットが用意されています。

締めには「そば湯」を

締めには「そば湯」を

さらにコース「夜のお料理」(2,750円〜※)も各種あるので、ゆっくり料理とそばを楽しみたいときにおすすめです(※ 内容変わる場合があるので予約時にご確認ください)。

このようにメニューが豊富なことが売りでもありますが、なんといっても気軽にお酒が楽しめることがここ「まるき」最大の特徴です。
入店して「品書き」を眺めるだけで思わずニヤリ、酒飲みなら共通の反応でしょう。

1
2
3
4
5
口コミを投稿する

レビューを投稿する

平均評価:  
 0 レビュー
酒とそば まるき
昼飲み推奨!札幌最古の蕎麦屋

その他の写真

店データ

店名
酒とそば まるき Webサイト
住所
札幌市中央区南2条西2丁目8 カドレビル 1F
電話番号
011-221-4328
営業時間
11:30〜17:00(L.O.)17:00〜21:00(L.O.)
定休日
月曜日
アクセス
地下鉄大通駅 徒歩5分
予算
1〜2,000円

おすすめメニュー

  • 昼酒セット:1,680円(税込)
  • 晩酌セット:1,850円
  • もり:680円
  • 上鴨せいろ:1,580円
  • かけ:680円
  • 上鴨南:1,580円

詳しくはこちら

口コミ

1
2
3
4
5
口コミを投稿する

レビューを投稿する

平均評価:  
 0 レビュー