森彦(M0RIHIKO もりひこ)

札幌を代表するカフェの本店

森彦(M0RIHIKO もりひこ)

※ 2022年2月20日までの営業時間は10:00〜19:00(L.O.18:30)となっています。

「森彦(もりひこ)」といえば、1996年(平成8年)創業の札幌を代表するカフェ
旭川を含め現在14店舗のそれぞれ異なる展開を行い、コーヒーやスイーツの味と楽しさを提供しています(サツメシでも2店舗を紹介)。

今回はその「本店」をご紹介しましょう。

裏路地の「古民家」です

裏路地の「古民家」です

「森彦」(本店)は地下鉄東西線円山公園駅から3〜4分歩いた住宅地の裏路地にあります。店の前からは「円山」が望めるという場所です。

「円山」が目の前に

「円山」が目の前に

スタイリッシュな店の多い森彦の「本店」が木造の古民家であることに少し驚くかもしれません。
築70年以上の建物をリノベーションしたカフェなのです。

「冬」の外観です

「冬」の外観です

四季折々の風情を感じさせてくれる外観も楽しみのひとつといえるでしょう。

入口には待ち客の記入用リストがあって、その人気が窺えます。

階段(上から撮影)

階段(上から撮影)

レトロな雰囲気の店内は1階と2階で16席ほどの収容。2階へは急な階段を登って上がります。

木造らしい暖かみのある落ち着いた雰囲気です。

落ち着きのある空間(2階)

落ち着きのある空間(2階)

定番ともいえるコーヒーは「森の雫」(税込748円)。
メニューの説明には「本店だけのスペシャルブレンド。モカ・マンデリン・コロンビアを使用。アロマと甘味のあるコク。コーヒーの原点を感じさせる特別なコーヒー」とあります。

本店限定の「森の雫」

本店限定の「森の雫」

味わってみれば、そのとおりの深い香りとコクに魅了されるでしょう。
コーヒーはその他「フレンチブレンド」「マイルドブレンド」(各638円)や「水出し珈琲」(アイス、770円)などもあります。

合わせるケーキは「シブースト」(528円、セットで100円引き)がおすすめ。

おすすめの「シブースト」

おすすめの「シブースト」

メニューには「りんごの甘煮とクレーム・シブーストをふんだんに使用。キャラメリゼの苦味と香りがクセになる一品です」との説明。まさに「森の雫」とはベストマッチです!

柔らかな口当たりにほのかな苦味が魅力

柔らかな口当たりにほのかな香りと苦味が魅力

ケーキはそのほか定番系の「ガトーフロマージュ」「ガトーショコラ」などに加え、時期限定ものも用意されています。

冬の円山も雰囲気があって良いものですが、春以降の天気のよい日に円山公園や北海道神宮の散策がてらに訪れるのがおすすめです。

ゆったりした雰囲気で

ゆったりした雰囲気で

待ち列は覚悟の上ですが、席についてしまえばコーヒーとケーキを楽しみながらゆったりとした時間を過ごすことができますよ。

1
2
3
4
5
口コミを投稿する

レビューを投稿する

平均評価:  
 0 レビュー

その他の写真

店データ

店名
森彦(M0RIHIKO もりひこ) Webサイト
住所
札幌市中央区南2条西26丁目2-18
電話番号
0800-111-4883
営業時間
10:00〜21:00
定休日
年末年始等
アクセス
地下鉄東西線円山公園駅 徒歩4分
予算
1〜2,000円

おすすめメニュー

  • 森の雫:748(税込)
  • フレンチ、マイルドブレンド:各638円
  • 水出しコーヒー:638円
  • ガトーフロマージュ:462円
  • ガトーショコラ:462円
  • シブースト:528円

口コミ

1
2
3
4
5
口コミを投稿する

レビューを投稿する

平均評価:  
 0 レビュー