いそつー

すすきので朝まで中華を楽しめる

いそつー

すすきので “朝までやってるラーメン店” として大人気となった「いそちゃん」(新ラーメン横丁)が2号店としてオープンした店、「いそつー」をご紹介します。

本店同様18時から翌朝5時という深夜を含む営業時間、そしてラーメンのみならず中華メニューが充実していることが売り。“ラーメンで締めよう” と入店したけど “また宴会が始まっちゃった”、なんてこともしばしばの人気店です。

人気No.1の「塩ラーメン」

人気No.1の「塩ラーメン」

メニューに “いそつー人気No.1!” と記載されている「塩ラーメン」(800円、以下全て税抜)。特に、麺を140gから80gにした「ハーフ」(700円)はまさに “締め” にぴったり。多くの方がこれを食べに来店します。

名物のひとつ「ウンパイルー」

名物のひとつ「ウンパイルー」

ラーメンの前に注文する一品としては「ウンパイルー」(1,600円、ハーフ800円)が人気です。一般には「雲白肉(ウンパイロー)」と呼ばれる料理で、簡単にいえば「中華風ゆで豚」。茹でた豚のバラ肉と胡瓜などの薄切りに、豆板醤や甜麺醤などを使ったソースをかけていただきます。

ビールに「焼きギョーザ」

ビールに「焼きギョーザ」

さらにビールのお供に「焼きギョーザ」(6個600円)や紹興酒によく合う「にらギョーザ」(4個600円)、店名を冠した自慢の「いそつー特製シューマイ」(4個600円)などの定番点心メニューも揃っています。

店名を冠した「いそつー特製シューマイ」

店名を冠した「いそつー特製シューマイ」

「ラーメン屋のもやし炒め」(800円)もその名の通り、ラーメンやその他の料理の具材を上手く使った一品。特に、シャキシャキのもやしの食感がお酒によく合います。

食感が楽しい「ラーメン屋のもやし炒め」

食感が楽しい「ラーメン屋のもやし炒め」

ご飯ものでは、これも店名の付いた自信作「いそつー特製炒飯」(850円、ハーフ650円)がお酒のつまみとしても大人気。シェアして味わうグループをよく見かけます。

目移りするほどのこれら中華メニューを楽しむうちに場は盛り上がり、結局 “宴会モードに突入” というわけです。

これも自信作「いそつー特製炒飯」

これも自信作「いそつー特製炒飯」

この店、これまた本店同様ですが、夕方より深夜が混んでいます。観光客より地元客に人気があるからでしょう。そのため定番の “締め” としてはもちろんですが、開店直後からの1次会も “穴場的” でおすすめの使い方です。

いそつーではテイクアウトにも対応しています。詳しくは電話(011-522-5758)か店頭でお問い合わせください。

いそつー
すすきので朝まで中華を楽しめる

その他の写真

店データ

店名
いそつー
住所
札幌市中央区南4条西3丁目 第3グリーンビル 1F
電話番号
011-522-5758
営業時間
18:00〜翌5:00(L.O.4:30)
定休日
日曜日
アクセス
地下鉄南北線すすきの駅 徒歩1分
予算
3〜4,000円

おすすめメニュー

  • 塩ラーメン:800円、ハーフ700円(税抜)
  • ウンパイルー:1,600円、ハーフ800円
  • にらギョーザ:4個600円
  • いそつー特製シューマイ:4個600円
  • ラーメン屋のもやし炒め:800円
  • いそつー特製炒飯:850円、ハーフ650円