斗香庵 HIGASHI

こだわりの中華そば&どんぶり!

斗香庵 HIGASHI

「今日はラーメン気分だけど、ガッツリ食べたい気持ちもあるなあ…」
そんなとき、おすすめの店が「斗香庵 HIGASHI(とこうあんひがし)」です。

場所は東区、地下鉄東豊線北13条東駅から徒歩で5〜6分。

大きな「煮干し」も看板代わり

大きな「煮干し」も看板代わり

元々はすぐ近くにある有名ラーメン店「ほっぺ家」のセカンドブランドでしたが、現在は新琴似に姉妹店の「斗香庵SHINKOTONI」を開店するなど「斗香庵」として新たなブランドを確立したといえるでしょう(店名や看板も変更しています)。

新しい「斗香庵」の看板

新しい「斗香庵」の看板

そのラーメンは「中華そば」(税込590円)と時間限定(9:50〜11:30)の「鶏中華そば」のみ。

こだわりの「中華そば」

こだわりの「中華そば」

「中華そば」は無化調にこだわり材料も厳選、澄んだスープはすっきりながら深い味わいです。(無化調スープにありがちな)物足りなさは感じません。

スッキリしつつ旨味も感じる「スープ」

スッキリしつつ旨味も感じる「スープ」

は軽くウェーブのかかったストレート系(「鶏中華そば」は縮れ系)で、歯切れが良く小麦も香ります。

スープによく合う「特製麺」

スープによく合う「特製麺」

チャーシューもしっかり厚みがあり食べ応え十分、メンマもしっかり味付けされたもの。

厚みのある「チャーシュー」

厚みのある「チャーシュー」

値段からは考えられない高コスパといえるでしょう。

この店のもう一つの看板が「どんぶり」

「どんぶり」も看板メニュー(写真は「タレカツ丼」)

「どんぶり」も看板メニュー(写真は「タレカツ丼」)

一番人気の「タレカツ丼」をはじめ「味噌カツ丼」「カツ丼」「カツカレー丼」「鶏から揚げ丼」「鶏から揚げカレー丼」「斗香庵のチャーシュー丼」、そして数量限定(10食)の「天丼」「サーモン丼」というラインアップ。

これら “ミニ丼” サイズながら何と390円均一!なのです。ただし注文はラーメンとのセットのみで、ラーメン一杯につき二品までとなります。

柔らかい肉をサックリ揚げています

柔らかい肉をサックリ揚げています

どれもが魅力的で悩んでしまうでしょう。初めてならまず「タレカツ丼」をおすすめします。
「タレカツ丼」とはカツを “つゆ” にくぐらせて丼ごはんに乗せたもの。一般には新潟のご当地グルメとして知られ、札幌ではあまり見かけないから(おすすめなの)です。

これぞ“気遣い”!

これぞ“気遣い”!

「タレカツ丼」にはカツが3枚、キャベツの千切りや辛子も添えられサービス品とは思えないこだわりを感じます。揚げたてのカツは柔らかく、タレと相まって旨味もたっぷり。ごはんとの相性も抜群です。

“タレ+辛子”の相性は抜群!

“タレ+辛子”の相性は抜群!

このように「斗香庵 HIGASHI」ではラーメンのメニューは絞ってクオリティを高め、どんぶりにバリエーションを持たせることで飽きのこない魅力を追求しています。

人気店ゆえランチタイムは待ち行列ができるほどですが、開店は「9時50分」なので、少し早めの訪問もおすすめです。

なお、当記事作成時点では月曜日の夜に「マンデーナイト」として夜営業も行っています。
この時間だけの限定メニュー(「豚ニラつけそば」など)もあるので、Twitter等で確認の上訪問してみてはいかがでしょうか。

1
2
3
4
5
口コミを投稿する

レビューを投稿する

平均評価:  
 0 レビュー

その他の写真

店データ

店名
斗香庵 HIGASHI Webサイト
住所
札幌市東区北10条東4丁目2-51
電話番号
011-704-4080
営業時間
9:50〜15:00(L.O.14:30)
定休日
水曜日
アクセス
地下鉄東豊線北13条東駅 徒歩7分
予算
〜1,000円

おすすめメニュー

  • 中華そば:(税込590円)
  • 鶏中華そば(時間限定):590円
  • どんぶり各種:390円
  • トッピング各種:50円〜200円

口コミ

1
2
3
4
5
口コミを投稿する

レビューを投稿する

平均評価:  
 0 レビュー