餃子 すぐるや

すすきので味わう手作り餃子

餃子 すぐるや

夜のすすきの、通りを入った小路にある「餃子 すぐるや」は “知る人ぞ知る” 餃子の名店です。
営業は少し遅めの19時から。翌日の2時まで営業しているので、餃子での “締め” “ちょっと一杯” の店としてよく使われます。

店内はカウンターのみ

店内はカウンターのみ

店内はカウンターだけの7席。ご主人一人で切り盛りしていますが、この店の餃子は注文を受けてからの(なんと皮のしから)手作りというこだわりのものです

当然時間がかかるので、お酒を注文すると出してくれるお新香などの「お通し」(200円)をつまみながら焼き上がりを待つのがお決まりになっています。

「お通し」をつまんで待ちましょう

「お通し」をつまんで待ちましょう

メニューは焼餃子系と水餃子系の2本だて。
基本の「焼餃子」(600円税込※)は、ニンニクを使わず味のアクセントを出しつつ肉の旨味も引き出した餡に、それを包むキツネ色にカリッと焼かれた皮との組み合わせが見事です。

こだわりの「焼餃子」

こだわりの「焼餃子」

※ 今回訪問時、焼餃子のルックスが変わっていました(三日月形 → カレー餃子同様の真ん中が膨らむ形、ご主人にお聞きしたら最近変えたとのこと)。
さらに(かつてあった)「にんにく入り焼餃子」も作っていませんでした。

ユニークな「華麗なる餃子」

ユニークな「華麗なる餃子」

焼餃子ではこれも人気の「華麗なる餃子」(700円)。
一般的には “カレーで味付けした餡” が入ってるかと想像されますが、食べてみると中には超熱々のカレールーが(そのまま)入っていてビックリ!となります。

中には熱々の「カレールー」

中には熱々の「カレールー」

このカレーが店自慢の香ばしい皮とベストマッチング。火傷にはご注意ですがひと口味わえば、きっと冷めるのが待ち切れなくなることでしょう。

「水餃子」もおすすめ

「水餃子」もおすすめ

「水餃子」(600円)は皮のツルンとした口当たりともちもち感、特製のタレも相まって餡のおいしさが良くわかる仕上がりです。このシンプルな水餃子の他に「おろし餃子」(800円)と「ピリピリ餃子」(700円)のバリエーションがあります。

バリエーションの「ピリピリ餃子」

バリエーションの「ピリピリ餃子」

「ピリピリ餃子」は、注文を受けてからご主人が作ってくれるピリ辛の特製ダレを水餃子にかけたもの。
これもまた自慢の餡を楽しめるバリエーションとしておすすめです。

不動のサイドメニュー「いもの華」

不動のサイドメニュー「いもの華」

数少ないサイドメニューで長年の名物といえるものが「いもの華」(400円)。
一見ニラ饅頭のようなスタイルですが、パリッとした皮に “じゃがいもコロッケ” あるいは “ポテトサラダ” を思わせる芋餡が包まれています。添えられたマヨネーズとの相性もバッチリの一品です。

この店は本当の餃子専門店で「いもの華」など数品のサイドメニュー以外にはライスもありません
これは “皮がご飯(餡がおかず)”と思えるほどの完成度だから。であればこそ「皮とカレールーの組み合わせ」にも納得!といえるでしょう。

甕出しの「紹興酒」もあります

甕出しの「紹興酒」もあります

場所と営業時間からすすきので飲んだ後の “締め” によく使われ時間によっては行列ができるほどの人気ですが、ご主人一人での調理のため長居は無用
さっと食べて、飲んで、締める。そんな粋な使い方がおすすめの店なのです。

餃子 すぐるや
すすきので味わう手作り餃子

その他の写真

店データ

店名
餃子 すぐるや
住所
札幌市中央区南6条西3丁目 ニュー公楽 1F
電話番号
011-512-1001
営業時間
19:00〜翌2:00
定休日
日曜日・祝日
アクセス
地下鉄すすきの駅 徒歩5分
予算
1〜2,000円

おすすめメニュー

  • 焼餃子:600円(税込)
  • 水餃子:600円
  • 華麗なる餃子:700円
  • おろし餃子:800円
  • ピリピリ餃子:700円
  • お通し:200円