こうひいはうす

昭和52年創業「電車通りのスープカリー」

こうひいはうす

札幌ご当地グルメの「スープカレー」。札幌市内には200軒を超える専門店があるといわれています。
今ではごく一般的になっているその“スープカレー”という料理名が初めて使われたのは、1993年に開店した「マジックスパイス」(白石区)というのが定説です。しかしそれ以前より札幌には何軒かの店で同様のカレーが提供されていたことも知られており、今回はその一軒「こうひいはうす」をご紹介しましょう。

店の前には「市電のレール」背後には「藻岩山」

店の前には「市電のレール」背後には「藻岩山」

場所は札幌市電山鼻西線「ロープウェイ入口」停留所近く、ロープウェイで登る藻岩山を背にして市電通りに面しています。看板には「昭和52年創業」(1977年)さらに「電車通りのスープカリー」とも表記されており(スープカレーでは)相当の老舗であることがわかります。

店の看板

店の看板

店名から想像できるように本来は喫茶店であり、自家焙煎のコーヒーを提供し豆の販売をしているほどの本格的な珈琲専門店でもあります。
人気のスープカレー、この店では「18時間鶏ガラと野菜を煮込んだ無添加スープをベースに胸焼けしないあっさり薬膳スープ」(公式ホームページ)とあるように、無添加の澄み切ったスープが特徴です。

定番の「チキンカレー」

定番の「チキンカレー」

定番は「チキンカレー」(800円税込)。柔らかく煮込まれたチキンレッグに揚げたナス・ニンジン・ブロッコリー・刻まれたキャベツなどの野菜(時期により多少変わるようです)にゆで卵が入っています。チキンは「あげチキン」(850円)もあります。

澄んだ「無添加スープ」

澄んだ「無添加スープ」

スープは基本の「さらさらスープ」と玉ねぎピューレ入りの「とろみスープ」(+50円)が選べます。
辛さは1〜10まで、中辛は3、大辛は5からになります。ライスは通常160g、大盛りで320g(+150円、15時までは無料)です。

ライスは普通盛りで160g

ライスは普通盛りで160g

トッピングメインメニューの具材が選べるほか、店主おすすめという「手作り豚バラチャーシュー」「アチャール」(インドの辛酸っぱいスパイスの入ったピクルスで味変におすすめ:店説明)があります。アチャールには「青マンゴーとライム・青トマト・ブロッコリー・自家栽培パプリカ・ナス・かぶ」(各50円)などがあり、時期により食材が変わるので、カウンターやテーブルに置かれた専用メニューの確認をおすすめします。

ほぐしたチキンをオンライス!

ほぐしたチキンをオンライス!

メインメニューには定番の「チキン・あげチキン」のほか「寄せとうふ・ハンバーグ・ねばねば(納豆・なめこ)・胸肉フリッター」があり、さらに「チキンカツ」などのカツカレーがあるのもスープカレーとしてはユニークといえるでしょう(各800〜900円)。

手抜きなしの「和風サラダ」

手抜きなしの「和風サラダ」

「サラダ・ドリンクセット」は300円で和風サラダとドリンクがセットになるというお得なサービスです。
和風サラダはスパゲティ入りで上には鰹節、ボリュームもしっかりという手抜きのない一品。

店自慢の「コーヒー」で締めましょう

店自慢の「コーヒー」で締めましょう

ドリンクはもちろん店自慢のコーヒーもOKです。
いつ出す(食後等)かも聞いてくれるので、スープカレーの後にゆっくりコーヒーを味わって締める。
この店ならではの楽しみといえるでしょう。

こうひいはうす
昭和52年創業「電車通りのスープカリー」

その他の写真

店データ

店名
こうひいはうす Webサイト
住所
札幌市中央区南20条西15丁目3 伏見コーポ1F
電話番号
011-561-9115
営業時間
11:30〜20:00(水11:30〜15:00)
定休日
不定休
アクセス
札幌市電ロープウェイ入口 徒歩2分
予算
〜1,000円

おすすめメニュー

  • チキンカレー:800円(税込)
  • 寄せとうふカレー:850円
  • ハンバーグカレー :850円
  • ねばねばカレー:850円
  • チキンカツカレー:900円
  • サラダ・ドリンクセット:300円

詳しくはこちら