きんちゃん

ひと味違う「札幌味噌豚丼」

きんちゃん

「豚丼」といえば、豚肉を “甘辛い醤油ベースのタレ” で焼くものが一般的です。
しかし今回ご紹介する「きんちゃん」では “味噌” に漬けた豚肉を焼く、ちょっと珍しい豚丼が食べられます。

場所は地下鉄東西線の西11丁目から歩いて3〜4分、目の前にはプリンスホテルや中央区役所がある分かりやすいところです。

店の前は「プリンスホテル」と「中央区役所」

店の前は「プリンスホテル」と「中央区役所」

店内はカウンターメイン(10席)ながら広めの小上がりもあって、こちらにも10名くらいが座れます。

豚肉は3種類をブレンドした特製味噌に3日間漬け込むことで柔らかく、旨味のある肉に仕上げています。

「豚の味噌漬け」を焼きます

「豚の味噌漬け」を焼きます

メニューは「味噌豚丼バラ肉」(600円)と「味噌豚丼肩ロース肉」(650円)が基本。
それぞれ「辛味噌」もあり(同価格)、バラ肉は「激辛味噌」(650円)「鬼辛味噌」(950円)と辛さのアップが可能です。

「バラ、肩ロースMIX丼」

「バラ、肩ロースMIX丼」

両方の肉が食べたいなら、「バラ、肩ロースMIX丼」(味噌・辛味噌950円)がおすすめ。
バラ肉と肩ロース肉をそれぞれほぼ一人前乗せてくれるので(値段は少し上がるものの)お得といえるでしょう。

ご飯の上にはキャベツの千切りが敷かれ、その上に豚肉が乗っています。

ご飯の上には「キャベツの千切り」

ご飯の上には「キャベツの千切り」

豚肉はじっくり網焼きされることで味噌の香りがさらに引き立ち、噛みしめるほどに味噌の甘味と旨味が広がります。

カウンターには「味変調味料」

カウンターには「味変調味料」

カウンターにはマヨネーズと唐辛子も置いてあるので、後半は味変を楽しむのもよいでしょう。
トッピングには「温泉玉子」(50円)と「チーズ」(150円)もあり、味のバリエーションも楽しめます。

味噌汁付きです

味噌汁付きです

なお、全ての丼には味噌汁が付いています。

お酒も用意されているので、ちょっとした居酒屋使いもできます。
味噌漬けの豚肉はお酒のおつまみとしても好適なので、「皿盛り」でいただくのもおすすめです。

ひと味違う「札幌味噌豚丼」は、ここ「きんちゃん」に食べにいきましょう!

きんちゃん
ひと味違う「札幌味噌豚丼」

その他の写真

店データ

店名
きんちゃん
住所
札幌市中央区南3条西10丁目 S310ビル 1F
電話番号
011-281-8377
営業時間
11:30〜15:00、17:00〜22:00
定休日
日曜日
アクセス
地下鉄東西線西11丁目駅 徒歩4分
予算
〜1,000円

おすすめメニュー