和処さゝ木

西11丁目駅近くの“知る人ぞ知る”名店

和処さゝ木

今回は “知る人ぞ知る” といえる穴場の店をご紹介しましょう。
その店は「和処さヽ木」

目の前は「市電通り」

目の前は「市電通り」

地下鉄東西線西11丁目駅(2番出口)近く、目の前は市電が走るビルの地下にあります。同じフロアには人気の餃子や焼肉の店もあるちょっとしたグルメスポットです。

飲食店の並ぶ地下フロア

飲食店の並ぶ地下フロア

この日はランチの開店前に到着するも既に行列ができていました。
店内はカウンター7席、小上がり4席×2卓、6名2卓で(減席の場合もあり)行列だけで満席になってしまうこともあります。

「ランチ」メニュー

「ランチ」メニュー

行列客の目的は「ランチ」
中でも「生ちらし定食」(税込1,100円※)はこの店の看板メニューです。※ 2022年4月1日から。

「定食」になっています

「定食」になっています

席を確保し、注文して待つことしばし。
丼に盛られた生ちらしにお碗、小鉢と漬物がお盆に乗って登場します。

「海鮮ネタ」がたっぷり!

「海鮮ネタ」がたっぷり!

「生ちらし」のネタはマグロ・ネギトロ・カツオ・白身・サーモン・エンガワ・イカ・甘エビ・ホタテ・シメサバ・トビっ子など10種類以上

「生本マグロ」も入ります!

「生本マグロ」も入ります!

よく見る玉子や大葉の上に乗せたワサビ、きゅうりの細工ものなどでスペースを埋めたようなものではなく、カットサイズも大きくその下に隠れたネタがあるほどの豪華版です。

「赤酢」のシャリ

「赤酢」のシャリ

そして大きな特徴がシャリ(寿司飯)を「赤酢」で仕込んでいること。
赤酢は江戸前の老舗寿司店などでも使われる酢でシャリと混ぜると褐色になり、一般的な白酢に比べて香りが高くまろやかな味わいが特徴とされています。

「マグロ」にベストマッチ!

「マグロ」にベストマッチ!

特にこの店自慢の脂の乗ったマグロには相性が抜群で、これは一度食べてみる価値ありです!

汁碗もエビ+あら汁的な作りで、出汁もよく出て味わい深いもの。ここにも手抜きのなさが窺えます。

「汁碗」も本格的

「汁碗」も本格的

ランチにはこのほか「生寿司定食」(1,050円)「鯖の一夜干し定食」(900円)「天ぷら定食」(950円)があり、その日の特選ネタを盛り合わせた限定丼も用意されます。この日は「生本マグロのカマトロとしぐれ煮の相盛り丼」で、限定丼を目的に来店する常連客も多いようです。

西11丁目駅から(直進でプリンスホテル方向)

西11丁目駅から(直進でプリンスホテル方向)

近くにはプリンスホテルや中央区役所(現在は改築中)などもあり、訪問・滞在機会もあることでしょう。そんな日のランチタイムにはここ「和処さヽ木」がイチ押しです。
ただし開店前の行列は必至なので、早めに到着するスケジュールを立ててくださいね!

1
2
3
4
5
口コミを投稿する

レビューを投稿する

平均評価:  
 0 レビュー
和処さゝ木
西11丁目駅近くの“知る人ぞ知る”名店

その他の写真

店データ

店名
和処さゝ木
住所
札幌市中央区南1条西11丁目1-302 コンチネンタルビルB1F
電話番号
011-271-3777
営業時間
11:00〜14:00、17:00〜20:00
定休日
日曜・祝日
アクセス
地下鉄東西線西11丁目駅 徒歩3分
予算
1〜2,000円

おすすめメニュー

  • 生ちらし定食:1,100円(税込)
  • 生寿司定食:1,050円
  • 鯖の一夜干し定食:900円
  • 天ぷら定食:950円
  • 限定丼:当日お店で確認ください

口コミ

1
2
3
4
5
口コミを投稿する

レビューを投稿する

平均評価:  
 0 レビュー