どさんこ家

人気の開陽亭で昼呑みができる店

どさんこ家

札幌で人気の海鮮居酒屋といえば「開陽亭」
その人気は連日満席で席がなかなか確保できないほど。そんな開陽亭の中で独特の営業形態を取っている店が「どさんこ家」です。

場所は札幌東急REIホテルのレストランプラザ1階。
元々はその地下一階にある「開陽亭 レストランプラザ店」の別室だった店舗です。

現在のスペースが空いたことにより店内を拡充、昼から通し営業する形態に変わりました。
食材・調理はレストランプラザ店と共用しているだけあって、その味・品質はお墨付き。

名物「活いかおどり造り」

名物「活いかおどり造り」

この店では何といっても「開陽亭でランチが食べられる」ことが素晴らしい。
開陽亭の定評ある海鮮料理を昼食に楽しめる、多くの人たちが望んでいたことでしょう(一部店舗ではランチ営業したこともありました)。

ランチメニューは各種ありますが、「どさんこ定食」は肉・魚のおかず2品が選べて950円(ランチは税込)。「海鮮お刺身10種定食」は、その日に仕入れた天然物の刺身が10種類が味わえる定食で1,580円とお得な値段で大人気。

そして、チェックしてきたいのがランチ限定の「名物セット」
開陽亭名物の「うにぎり(うにのおにぎり)」と「カニクリームコロッケ」に味噌汁がついて1,100円というお手軽セットです。
昼食に迷ったらぜひ思い出してください。

「どさんこ家」は昼からの通し営業なので「昼呑み」が楽しめます

開陽亭名物の「活いかおどり造り」(時価:2,000円前後、レギュラーメニューは税抜)はもちろん、「ズワイガニほぐし身のかにみそ添え」(860円)なども昼から楽しめます。

「ズワイガニほぐし身のかにみそ添え」

「ズワイガニほぐし身のかにみそ添え」

開陽亭はすすきのに本店他5店舗ありますが、どの店も夜の営業は連日満席が続きます。
もし早めに飲み会を始められるならば、この店は絶好の穴場になるでしょう。

絶好のおつまみ「にしん漬け」

絶好のおつまみ「にしん漬け」

早めの時間ならば、比較的空いているので一人飲みも可能です。
留萌・田中青果の「にしん漬け」などをつまみに、道産酒を楽しめるのも「どさんこ家」ならではです。

どさんこ家
人気の開陽亭で昼呑みができる店

店データ

店名
函館 開陽亭 どさんこ家 Webサイト
住所
札幌市中央区南4条西5丁目 レストランプラザ 1F
電話番号
011-211-4944
営業時間
11:30〜24:00(L.O.23:00)
定休日
無休
アクセス
地下鉄南北線すすきの駅 徒歩2分
予算
4〜5,000円

おすすめメニュー

  • どさんこ定食:950円(税込)
  • 海鮮お刺身10種定食:1,580円(税込)
  • 活いかおどり造り:時価(2,000円前後、税抜)
  • ズワイガニほぐし身のかにみそ添え:860円(税抜)
  • にしん漬け:480円(税抜)
  • 刺身各種:600円(税抜)前後〜