ななし

札幌の旭川ラーメンでは外せない店

ななし

札幌のラーメンといえば「味噌」、そして「塩」は函館、「醤油(正油)」は旭川と言われます。
今回は味噌ラーメンの街・札幌で食べられる旭川ラーメンの名店、「ななし」をご紹介します。

旭川では戦前にもラーメン店はあったようですが、戦時中にその姿を消し、現在の旭川ラーメンのルーツとなっているのは、戦後昭和22年(1947年)に創業した「蜂屋」と「青葉」とされています。
時をほぼ同じくして、「キッコーニホン」のブランドで知られる日本醤油工業が地元に創業(昭和19年)していたこともあり、旭川では醤油ラーメンが多くなったともされています(諸説あり)。

「旭川ラーメン」としての厳密な定義はありませんが、旭川で盛んであった養豚業から豚骨を使い、その臭みを消すために魚介類をブレンドした「W(ダブル)スープ」が一般的で、その味のベースには醤油が最も多く使われています
元祖の一軒とされる「蜂屋」は、加藤家の兄弟が製麺所である「加藤ラーメン」ととともに創業、その後の旭川ラーメンの発展に大きく寄与しました。

琴似の大通り沿いにあります

その流れにある札幌のラーメン店が、今回取り上げる「ななし」です。
札幌の西の繁華街とされる琴似にあって中心部からは少し離れますが、わざわざ食べに行く価値のある一軒といえます。

店に着くと、その暖簾には「加藤ラーメン」の文字が(1枚目の写真参照)。
そうです。「ななし」は旭川ラーメンの王道をきっちりと歩んでいる店なのです。

旭川王道の「正油ラーメン」

旭川王道の「正油ラーメン」

そのラーメンは豚骨ベースのWスープ、そして麺はもちろん加藤ラーメンのもの。
この店の良いところは、スープに脂のしつこさを感じないところ。ショップカードに「とんこつにトリガラ、野菜に秘伝の隠し味」との記載があるので、その辺りが秘密のようです。

豚骨ベースのWスープ

豚骨ベースのWスープ

麺は札幌ラーメンに多い黄色い中太の縮れ麺とは異なり、やや細めの(白っぽい)麺。
これは麺製造時の加水率が低い「低加水麺」が使われるからで、旭川ラーメンでは標準となっている麺です。小麦の味が感じられ、スープを吸ってくれるという特徴があります。

旭川定番の「低加水麺」

旭川定番の「低加水麺」

ななしの「正油ラーメン」(700円税込・食券)は、まさにそんな旭川の麺をおいしく食べさせてくれるスープに仕上がっており、これだけ完成度の高い旭川ラーメンは “本場” でもなかなか遭遇しないほどです。

本場まで行かずとも、札幌でこんなクオリティの高い旭川ラーメンが食べられる。
貴方がラーメン好きならば、ここ「ななし」はぜひともチェックしておいてください。

ななし
札幌の旭川ラーメンでは外せない店

その他の写真

店データ

店名
旭川ラーメン ななし
住所
札幌市西区琴似1条1丁目6-16
電話番号
011-611-8336
営業時間
11:30〜15:00、17:00〜21:00(土・日・祝日は通し営業)
定休日
水曜日(祝日営業、翌日休)
アクセス
JR琴似駅 徒歩1分、地下鉄東西線琴似駅 徒歩7分
予算
〜1,000円

おすすめメニュー

  • 正油:700円(税込)
  • 正油チャーシュー:900円
  • しお:700円
  • みそ:750円