食事処 ながもり

二条市場で焼き魚ならここ

食事処 ながもり

札幌のグルメスポットとして知られる「二条市場」。100年以上の歴史を持つ伝統の市場です。
朝早くから新鮮な魚介類などを販売しており、多くの観光客でも賑わっています。
札幌の市場としては「札幌場外市場」ほどの規模はありませんが、何より札幌中心部の大通地区や狸小路に近接してアクセスが良いことは大きなメリットです。

札幌のグルメスポット「二条市場」

札幌のグルメスポット「二条市場」

そんな二条市場で食事をするならおすすめの店があります。
「食事処 ながもり」です。
数ある二条市場内の食堂の中でも一際人気のある一軒で、海鮮系の丼はもちろん、特に焼き魚の質が高いことで知られています。

カウンターの上にメニューが並びます

カウンターの上にメニューが並びます

中でも「開ほっけ定食※」(980円)は皿からはみ出すほどの大きさと、その脂の乗りにきっと驚くはずです。※店頭の品書きには「真ほっけ定食」と表記。
箸を入れてみれば、表面の脂の下にふっくらジューシーな身がたっぷり。“さすがは本場のほっけ!”と満足することでしょう。

おすすめの「開ほっけ定食」

おすすめの「開ほっけ定食」

「サーモンハラス定食」(880円)も皮のパリッとした焼き上がりに独特の脂の旨味が魅力。
さらに「銀鱈」「銀むつ」とともにその「カマ」定食(各1,200円)も隠れた人気メニューとなっています。

もちろん海鮮系の丼も人気で、特に輝くばかりの「いくら」はおすすめ。「いくら丼」(2,300円)、うにとのハーフ&ハーフ「うに・いくら合わせ丼」(3,400円)などは是非一度お試しを。

“看板”商品の「かに汁」

“看板”商品の「かに汁」

入口上の看板にも“美味 かに汁”とあるように、「かに汁」(350円)はまさにこの店の看板商品です。
ややあっさり目の味付けで、かにの旨味をよく引き出しており、口の中に“北海道”を感じさせてくれます。

自家製の「いか塩辛」もいい味です

自家製の「いか塩辛」もいい味です

「食事処 ながもり」の店内には元々有名人のサインがたくさんありましたが、最近では女性アイドルグループの訪問(その際に食べたメニューをしっかり「セット」として売り出しています)などで、さらにその人気が増している感があります。

食事処 ながもり
二条市場で焼き魚ならここ

その他の写真

店データ

店名
食事処 ながもり ホームページ
住所
札幌市中央区南3条東1丁目8
電話番号
011-222-6733
営業時間
8:00〜18:00
定休日
無休
アクセス
地下鉄大通36番出口徒歩6分、バスセンター前駅徒歩8分
予算
〜1,000円

おすすめメニュー

  • 開ほっけ定食:980円(税込)
  • サーモンハラス定食:880円
  • 銀鱈カマ定食:1,200円
  • 海鮮系丼各種:1,800円〜
  • いか塩辛:200円
  • かに汁:350円