おでん 七福食堂

チャーハンが人気のおでん食堂

おでん 七福食堂

札幌からの道内遠距離バスやプチ旅行などで利用することも多い「中央バス札幌ターミナル」ですが、その地下に穴場の店が並んだ地下飲食街があることをご存知ですか?
今回はその中の一軒「おでん 七福食堂(しちふくしょくどう)」をご紹介しましょう。

地下食堂街にあります

地下食堂街にあります

この地下食堂街自体がそうなのですが、この店も昭和の雰囲気を漂わせるノスタルジック感がなんともいえません。

暖簾には大きく「おでん」の文字。
しかしこの店、一番人気は「チャーハン」、ランチタイムにはお客さんの9割近くが注文するほどです。

一番人気の「チャーハン」

一番人気の「チャーハン」

人気の「チャーハン」は肉・玉ねぎ・にんじんに卵、天辺には紅生姜というシンプルな具材(カニ・ホタテのチャーハンもあります)で家庭的とも言える味付けですが、ボリュームはたっぷり。
これが500円、税込なので本当の“ワンコイン”。しかも大根のサラダと味噌汁も付いての値段です…「中盛」(600円)もありますが、かなりの量になるので(初めてなら)覚悟のほどを。

サラダに味噌汁も付きます(これで500円!)

サラダに味噌汁も付きます(これで500円!)

看板の「おでん」も良い味を出しており、黒っぽい出汁がしっかり染み込んだおでん種(130円〜)はどれもがおすすめ。迷ったら「盛り合わせ」(750円)もあります。
食事には「おでん定食」(700円)もあるし、夜にはお酒のおつまみに絶好です。

しっかり味の染みた「おでん」(写真は「盛り合わせ」)

しっかり味の染みた「おでん」(写真は「盛り合わせ」)

この店、昼はチャーハンが人気の食堂として賑やかですが、夜は比較的落ち着いて“一人飲み”もできる大衆居酒屋になります(通し営業なので昼飲みもできます)。
おでん以外にも居酒屋定番の「冷奴」(200円)や「きゅうりみそ」(200円)をはじめ、懐かしさを感じさせる「魚肉ソーセージ炒め」や「赤ウインナー炒め」(各300円)などもあり、まさに大衆居酒屋の品揃えです。

人気の「チャーハン」は夜でも注文可能で、昼同様にサラダ・味噌汁付きの定食スタイルで供されます。

ノスタルジックな料理サンプルはまさに「昭和の食堂」

ノスタルジックな料理サンプルはまさに「昭和の食堂」

このように「おでん 七福食堂」はランチタイムには「チャーハン」が人気の食堂、昼飲みもOK、そして夜は一人飲みも楽しめる大衆居酒屋としても使えるというとても便利な一軒です。
バスターミナル(「大通バスセンター」ではないのでご注意を!)を利用の際はもちろん、創成川イーストなどで楽しむ折にも寄ってみてはいかがでしょうか。

場所は地下鉄東西線のバスターミナル(2番出口からは2分程度)ですが、さっぽろテレビ塔から創成川通りを挟んで斜向かいにあるので、大通駅からでもアクセス可能(東西線ホームからは8分程度)です。

おでん 七福食堂
チャーハンが人気のおでん食堂

その他の写真

店データ

店名
おでん 七福食堂
住所
札幌市中央区大通東1 中央バス札幌ターミナルB1F地下飲食街
電話番号
011-221-1769
営業時間
11:00〜21:00(土日祝〜20:00)
定休日
年末年始
アクセス
地下鉄東西線バスセンター前駅(2番出口) 徒歩2分
予算
〜1,000円

おすすめメニュー

  • チャーハン:500円(税込、中盛600円)
  • おでん各種:130円〜
  • おでん盛り合わせ:750円
  • 冷奴:200円
  • 魚ソーセージ炒め:300円
  • 赤ウインナー炒め:300円