純連

札幌味噌ラーメンをメジャーにした店

純連

北海道のラーメンといえば旭川の「醤油」、函館の「塩」、そして札幌は「味噌」で知られます。
その「味噌」を札幌のご当地ラーメンとして世間に広めた店が、今回ご紹介する「純連(じゅんれん)」です。
昭和39年(1964年)の創業時、店の名は「純連」と書いて「すみれ」と読んでいました。
札幌の古い純連ファンの中には、今でも「すみれ」と呼んでいる方もいるほどです。

札幌味噌ラーメンの元祖とされる「味の三平」が(味噌汁からヒントを得たからか)ややさっぱり系であるのに対し、「純連」は濃厚な味噌の味。さらに表面を覆うラードの膜によりスープが冷めにくいという特徴が札幌という寒冷地にマッチしたことで評判を呼び、今では札幌味噌ラーメンの「原型」とされるまでになっています。

それは人気・知名度があることはもちろんですが、この店(とその後の「すみれ」)から巣立った多くの職人が札幌市内で独立、「純すみ系」と呼ばれる一大勢力を形成しているからでしょう。
その中には、今や札幌ナンバーワンの人気店といっても過言ではない「彩未(さいみ)」をはじめ、名店「千寿(せんじゅ)」や「狼スープ」などがあり、市内だけでも20軒を超える店がその味を競い、高めています。

純連は昭和57年(1982年)に創業者の体調不良により一度閉店しましたが、すぐに別の場所で再開、その際に店名の読みを「じゅんれん」に改めています。
これはその数年後、長男が「純連」引き継ぎ、平成元年(1988年)には三男が純連創業の地に「すみれ」を開店したことと無関係ではないようです。

「すみれ」は平成6年(1994年)新横浜の「ラーメン博物館」に出店し、純連・すみれの名を全国レベルに広める一翼を担いました。
現在両者は別経営になり姉妹店の関係もないようですが、ともに創業時の理念を引き継ぎ、そのラーメン作りを続けていることに変わりはありません。

純連の代名詞でもある「味噌ラーメン」(850円税込)。その製法は長年の間に少しずつ新しい要素を加えつつも、基本は創業以来のものです。。
出汁の効いた豚骨スープにラードとニンニク、野菜を一緒に中華鍋で炒め、麺の上にはシャキシャキの自家製メンマと、秘伝のタレに漬け込んだチャーシューを乗せて完成。
ラードがスープを保温しつつコクを与え、その濃厚な味噌に少しの根生姜がサッパリ感を演出する。
これがまさに「純連の味噌ラーメン」です。

「味玉味噌ラーメン」

「味玉味噌ラーメン」

一番のおすすめは、コクのある味噌にワンポイントの旨みを加えてくれる味玉がトッピングされた「味玉味噌ラーメン」(950円)。札幌の特に寒い冬の日には、これに勝るご馳走はないといえるほど。

札幌で味噌ラーメンを食べるなら「純連」で、その歴史に思いを馳せながら味わってみてはいかがでしょうか。

純連
札幌味噌ラーメンをメジャーにした店

店データ

店名
さっぽろ純連 札幌店 ホームページ
住所
札幌市豊平区平岸2条17丁目1-41 シャトー純連1F
電話番号
011-842-2844
営業時間
11:00〜21:00
定休日
無休
アクセス
地下鉄南北線澄川駅 徒歩5分
予算
〜1,000円

おすすめメニュー

  • 味噌ラーメン:850円(税込)
  • 味玉味噌ラーメン:950円
  • チャーハン:740円

詳しくはこちら