ふじ屋NOODLE

「新ラーメン横丁」の “進化系” 人気店

ふじ屋NOODLE

札幌の観光名所ともなっている「さっぽろ名所 新ラーメン横丁」。その中で一際長い行列ができている店があります。「ふじ屋NOODLE」です。

「新ラーメン横丁」にあります

「新ラーメン横丁」にあります

この店は、かつてすすきのでも営業していた人気ラーメン店「札幌Fuji屋」(旧「豚ソバFuji屋」現在は東区)のセカンドブランド店としてオープン。テレビで取り上げられることも多く、本店を凌ぐほどの人気を得ましたが、その評価を決定的にしたのは何といっても「ミシュランガイド北海道 2017特別版」でのビブグルマンの獲得でしょう。そして、札幌に訪れた人たちがそのラーメンを一度味わおうと列を成したのです。

「ミシュラン」掲載の案内も

麺は「西山製麺」の特注麺、「ミシュラン」掲載の案内も

店内はカウンターのみ8席、入店したら食券を購入します。
券売機に “No.1オススメ” とあるのは「味噌」(850円、以下全て税込)で、魚介薫るクリーミー豚白湯、さらに味噌ソムリエがつくるヤバイ一杯。ともあります。

店のおすすめ「味噌」

店のおすすめ「味噌」

そして麺は道産小麦100%(きたほなみ・ゆめちから・春よ恋をブレンド)で作る西山製麺の特注麺、チャーシューは 良質な道産豚の肩ロースを本格チャーシュー窯で吊し焼きしたとのこと。これらのこだわりが一体となって「ふじ屋NOODLEの味噌ラーメン」を作り上げていることがわかります。

クリーミーな口当たり

クリーミーな口当たり

出来上がってカウンターに置かれたラーメン、その味噌スープをひと口。
その瞬間に今まで食べてきた味噌ラーメンとは違う味わいを感じるでしょう。まずは口当たりの滑らかなこと、宣伝文句に違わないクリーミーさです。味噌は控えめながらそのコクをしっかり感じさせます。

独特な「特製麺」

独特な「特製麺」

そしては札幌の味噌ラーメン定番の “黄色いプリプリ縮れ麺” とは異なる “もっちり感” のある柔らかなウェーブ系で、スープとの相性も抜群です。

「釜吊し焼き」の本格チャーシュー

「釜吊し焼き」の本格チャーシュー

チャーシューは一般的な 茹で(煮)豚ではなく、本物の「焼豚」 。柔らかさに走らない、噛んで味のあるチャーシューに仕上がっています。これを3枚というのはお得感ありといえるでしょう。

太くしっかり味付けされた「メンマ」

太くしっかり味付けされた「メンマ」

メンマは太くしっかり漬けこまれた味のあるのもので、その繊維を感じるほどの噛み応えもあります。さらに刻みネギ・揚げ玉葱と一緒に肉味噌玉がトッピングされており、この味噌玉をスープに溶きながら食べると新たな 旨味が生まれます。

トッピング類も“いい仕事”

トッピング類も“いい仕事”

さらなる味変なら、カウンターには (味をサッパリさせる という)「ゆず酢」や(魚の削り節5種類にスパイス10種類をブレンドした)「サカナコショー」が置いてあるので、これらを食べている途中に追加すれば、新たな味のスープに変身します。ぜひお試しを。

すすきのという場所柄、飲んだ後の締めや「ギョーザ」(5個450円)とセットにしたいときなどには「味噌1/2サイズ」(750円)をおすすめします。

カウンターには“味変調味料”

カウンターには“味変調味料”

バリエーションとしてFuji屋系らしい「背脂味噌」(950円)や、辛口が好みなら「辛化味噌」(950円)などもありますが、テレビ番組で有名人が「生涯一のラーメン!」と評したのがこの店の「黒醤油」(850円)。煮干しや鮭節など魚介出汁を使った黒い醤油ラーメンで、味噌ラーメンと並ぶ人気メニューになっています。この黒醤油に背脂を加えた「セアブラック」(950円)とともに注目といえるでしょう。

「ふじ屋NOODLE」のラーメンは、その “こだわり” によって作られるまさに「進化系」といえるもの。大人気店ゆえの行列には覚悟が必要ですが、並んだ分だけの満足を感じるラーメンを食べられるはずです。

ふじ屋NOODLE
「新ラーメン横丁」の “進化系” 人気店

その他の写真

店データ

店名
ふじ屋NOODLE Webサイト
住所
札幌市中央区南4条西3丁目 第3グリーンビル 1F 新ラーメン横丁
電話番号
011-522-0248
営業時間
18:00〜翌3:00(L.O.2:30)
定休日
日曜日(不定休あり)
アクセス
地下鉄南北線すすきの駅 徒歩1分
予算
〜1,000円

おすすめメニュー

  • 味噌:850円(税込)
  • 黒醤油:850円
  • 白醤油:850円
  • セアブラック:950円
  • 背脂味噌:950円
  • 味噌1/2サイズ:750円